top  >  トピックス一覧  >  Route 847 WE LOVE 八重山

Route 847 WE LOVE 八重山

スペシャルプログラム

Route 847 WE LOVE 八重山


八重山諸島の玄関口「南ぬ島石垣空港」
せっかく来たからには石垣島以外の島巡りをしてみたい!
竹富島、西表島、小浜島など、駆け足で巡ってみたり…。
でも八重山諸島は島数が11もあり、一回の来島で全部回るのは至難の業。
そこで、まずは、ゆっくりとスローペースでいいから、自分の好きな島を探してみることから始めてみませんか?
そして、自分のお気に入りの島を見つけたら、今度は気に入った季節を探しましょう。
自分へのご褒美のため、その島をその季節に何度か訪れるのです。毎回新しい発見があり癒やされますよ!

日時/2020年11月7日(土) 16:00~18:30
ゲスト/やなわらばー、ナンバリョー(トレモノ)
DJ/柴田聡松原さと子
協力/八重山ビジターズビューロー


Go To トラベルを利用して沖縄・八重山諸島へ行きませんか!?
沖縄を知り尽くしたDJ柴田聡と松原さと子が八重山諸島の魅力をお届けします!

【八重山諸島とは】
八重山諸島は、東京から2,000km、沖縄本島から400km。北緯24度に位置する日本最南西端の島々です。
石垣島、竹富島、小浜島、黒島、鳩間島、波照間島、新城島(パナリ)、西表島、由布島、嘉弥真島、そして与那国島。 それぞれにオリジナリティあふれる自然が広がっています。
  • やなわらばー
  • ナンバリョー(トレモノ)
裏石垣のおすすめスポット

  今回のWE LOVE 八重山キャンペーンで、まず注目するのは「裏石垣」。
これは石垣島の北東エリアを指して、地元の方々が口にする呼称。
その裏石垣エリアのお薦めスポットを八つ厳選しました。
八重山諸島 おすすめの島 石垣島
ナビゲーター:柴田聡
  八重山LOVERS 柴田聡がお薦めするのは「石垣島」
FMヨコハマのらんらんツアーはじめ、何度も訪れては、その都度、新しい発見をして、自分の番組でその魅力を紹介しています。
  • 石垣島を代表するビーチのひとつ川平湾近くにある「底地(スクジ)ビーチ」この時期、海開きイベントも開催されたこともある、日本で最も夏が近い浜辺。
  • 空港から中心部に向かう道すがら。
    風景が美しすぎて、何気なく撮った一枚がすべてベストショットになる
  • 島の英雄・具志堅用高の銅像は必ず訪れたいポイント。石垣港のフェリー乗り場にあります。
  • 川平湾のグラスボートに乗って水中を眺めると、色とりどりの熱帯魚がうじゃうじゃ。ここは南の楽園です。
  • お店の前を歩いていた瞬間、お洒落な外観と赤いドアの雰囲気に誘われ、たまたま入店した洋食レストラン「PAUL ANGIE(ポールエンジィー)」地元野菜を使ったサラダやお店自慢のハンバーグは絶品。美味し過ぎてお店のご主人と長居して話し込んでしまうほど。
  • 石垣島でばったり会った唄者「よなは徹」さんにお誘いを受け、初めて足を運んだ居酒屋「うさぎや」泡盛片手に民謡ライブを聴ける島ならではのベストスポット。
八重山諸島 お薦めの島 小浜島
ナビゲーター:松原さと子
  八重山LOVERS 松原さと子がお薦めするのは「小浜島」
FMヨコハマのらんらんツアーで、2007年八重山の海開きを、小浜島で体感。以来、小浜島の魅力にとりつかれ、自分の番組でその魅力を紹介しています。
  • 海開きで海に投げられた野菜やリンゴを、リスナーと一緒に拾いました!
  • その日だけは無料になるバナナボートに乗ったりと大はしゃぎ!
  • 3年前。小浜島はいむるぶしビーチで行われた「日本最南端の海びらき」に、リスナーの皆さんと一緒に参加しました。3月中旬で、こちらはまだ肌寒さも残る春の始まりの頃、八重山にはひとあし早い夏が訪れます。
  • 夜は、石垣牛にアグー豚、島野菜と、美味しいものもたくさん。楽しいお喋りと聞こえてくる三線の音、オリオンビールと島酒で、夜は更けていきました。
八重山諸島の情報はこちらからもチェックできます
 
八重山島ぐらしカレッジ (Instagram)
https://www.instagram.com/yaeyama_shimagurashi_college/

私に還る。与那国島(HP)
https://yngn.okinawa/

八重山ビジターズビューロー(HP)
https://yvb.jp/guide.html
最終更新日:
このエントリーをはてなブックマークに追加
SONG SEARCH
現在のオンエア曲
番組名で検索
日時で検索
本日のオンエア曲
CATEGORY
番組リクエスト
番組ブログ
Pod Cast
ラジオショッピング
プレゼント/募集
FAQ
FヨコSNS
Fヨコじゃん!

タイムテーブル

タイムテーブル表紙画像 クリックで拡大

FMヨコハマ35周年イヤーのスペシャル企画として世界的写真家のハービー・山口がDJを撮影し、、毎月のタイムテーブル表紙を飾ってきました。
この企画のラスト12月号は「小山薫堂」。
特集ページはこちら

郵送をご希望の方はこちら

タイムテーブルの郵送をご希望の方は、返信用の120円切手を同封の上、下記までお送りください。

〒220-8110  FMヨコハマ
『タイムテーブル○月号』係