プライバシーポリシー
(1/2頁)

◆個人情報の保護に関する基本方針

横浜エフエム放送株式会社(以下当社)は、日本民間放送連盟が放送基準に掲げる「公共の福祉、文化の向上、産業と経済の繁栄に役立ち、平和な社会の実現に寄与することを使命とする」という主旨を遵守いたします。当社は、この自覚に基づき、民主主義の精神に従い、基本的人権と世論を尊び、言論及び表現の自由を守り、法と秩序を尊重して社会の信頼にこたえてまいります。よって、当社が取得・保有する個人情報の保護を重要な社会的責任のひとつと認識し、社会的責任を果たすべく、個人情報保護方針を定め、これを遵守いたします。

1.個人情報の取得、利用及び提供、目的外利用の禁止
個人情報の取得、利用、及び提供等にあたり、事業の内容および規模を考慮した上で適切に実施します。
また、当社は個人情報の取得、利用にあたっては、その利用目的を特定することとし、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取り扱いはいたしません。

2.法令、国が定める指針その他の規範の遵守
個人情報保護に関する法令、国が定める指針、及びその他の規範を遵守いたします。

3.個人情報の漏洩、滅失または毀損の防止及び是正
個人情報の正確性および安全性を確保するため、個人情報への不正なアクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損等のリスクに対し、防止及び是正を講じます。

4.苦情及び相談への対応
個人情報に関する窓口を設置し、当社が取得した個人情報についての苦情及び相談など、適切に敏速に対応いたします。

5.個人情報保護の管理体制の継続的改善
個人情報保護の管理体制について、個人情報を取り巻く社会情勢、業界動向、最新のネットワーク技術動向等に留意し、体制や運用について適時適切な見直しを図り、個人情報保護の管理体制の継続的改善に努めてまいります。

6.周知と入手可能な措置
当社の個人情報保護方針に関しまして、当社従業者に周知させるとともに、ホームページに掲載し、いつでも一般の方が入手可能な状態にいたします。

平成17年2月22日(制定)
平成21年7月7日(改訂)
平成26年1月20日(改定)
横浜エフエム放送株式会社
代表取締役社長 藤木 幸夫


◆報道・著述分野における個人情報保護に関する基本方針
情報通信技術が高度に進展するなかにあって、個人情報の利用の拡大と有用性の増大に伴い、個人の権利利益が侵害されることのないよう、その取り扱いはより慎重に行なわれなければなりません。
横浜エフエム放送株式会社は、個人情報保護の重要性を十分に認識して、個人情報の保護に係る法令等の順守徹底をはかります。
また、個人情報保護法で義務規定の適用除外となっている報道・著述分野の個人情報の取り扱いについても、個人情報の主体の意思を尊重しつつ、放送の社会的責任を果たすために、下記の原則により、自らの規律をもって事業に係る個人情報の適正な取り扱いに努め、放送の社会的使命と同法の精神に照らし、適切な保護に努めます。



1.取材などで個人情報を収集するにあたっては、原則として報道・著述目的であることを明らかにします。
2.個人情報は適正な手段で取得するよう努めます。
3.取材などで入手し保有する個人情報は、紛失、破壊、改ざん、悪用、漏洩などから保護します。
4.取材などで入手し保有する個人データは、報道・著述目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容に保つように努めます。
5.報道目的で取得した個人情報は、原則として他の目的に流用しません。
6.報道目的で取得した個人情報を、第三者に提供する場合には、その情報が報道目的外に利用されることがないことを明確に取り決めます。
7.報道分野についても、個人情報の取り扱いに関する本人からの苦情などの申し出に対応する窓口を設け、誠実に対応します。

平成17年2月22日(制定)
平成21年7月13日(改定)
平成22年3月10日(改定)
横浜エフエム放送株式会社
代表取締役社長 藤木 幸夫

→続き(2/2頁へ)


[トップメニュー]