top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2016年9月

会社情報

番組審議会報告

2016年 9月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。

開催年月日 2016年 9月15日(木)   15:00~16:00
出席者 番組審議委員

船場ひさお委員長、宝田博士副委員長、中村由利子委員、
品田英雄委員、岡崎三奈委員、長谷川篤司委員、横尾典克委員

FMヨコハマ

兒玉智彦副社長、久冨取締役編成部長、筒井理編成部マネージャー、
三角文英総務部長、小林信子編成部マネージャー


議題 「ためになるラジオ」 (毎月最終金曜日 22:00~23:20)

議事の内容
審議に先立ち、前回(平成28年7月21日開催)の番組審議会より本日まで、訂正、取り消しの放送がなかったこと、また、放送内容に対する苦情・意見もなかったことを報告しました。
そして、議題の番組について、放送同録CDを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。

審議の内容
まず、議題の番組「ためになるラジオ」について、概要説明に入りました。

◆番組タイトル:「ためになるラジオ」
◆放送時間:毎月最終金曜日 22:00~23:20

◆出演: 西田征史(にしだまさふみ) (脚本家・演出家)

◆放送形態:事前収録による完パケ放送  
         ※2015年4月~9月⇒生放送/2015年10月~⇒毎月最終金曜日完パケ放送

 
<企画内容>

話題の脚本家・演出家「西田征史」が自身初めてラジオDJを務めるラジオプログラム。
普段聞くことができない脚本家・演出家のリアルが垣間見えるプログラム。脚本家・演出家ならではの幅広いジャンルのゲストをお招きして、本音トークを聞き出します。西田征史自身が「ためになる」ことを追及するプログラム。リスナーの皆さんにとっても「ためになる」こと満載のラジオ番組。

<出演者>
DJ:西田征史
脚本家・演出家・作家。主な作品・TVドラマ『魔王』『実験刑事トトリ』『怪物くん』『妖怪人間ベム』『ママさんバレーでつかまえて』、映画『ガチ☆ボーイ』『半分の月がのぼる空』『おにいちゃんのハナビ』、アニメ『TIGER & BUNNY』シリーズや教育番組『シャキーン』も手掛ける。小説『小野寺の弟・小野寺の姉』を上梓し、自らが脚本・監督をつとめ映画化。第39回報知映画賞・新人賞を受賞。2015年10月からはNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本を担当。前作の朝ドラに引き続き記録的視聴率を更新中。

<主なコーナー>
【2015年】  
4月3日
佐藤隆太(俳優) 7月10日 ユニゾンスクエアガーデン(アーティスト)
4月10日 桂正和(漫画家)* 7月17日 一徹(エロメン)
4月17日 片桐はいり(女優)* 7月24日 わたなべだいすけ(アーティスト)
4月24日 サキタハジメ(アーティスト) 7月31日 MOROHA(アーティスト)
5月1日 島田秀平(芸人) 8月7日 向井理(俳優)*
5月8日 ラーメンズ片桐(芸人・俳優) 8月14日 田辺晋太郎(グルメマイスター)
5月15日 佐藤正和(NHKエデュケーショナル社員) 8月21日 田中健一(クイズ王・作家)
5月22日 深川栄洋(映画監督) 8月28日 池頼広(劇伴作家)
5月29日 町田慎吾(タレント・元ジャニーズジュニア) 9月4日 佐藤仁美(女優・タレント)*
6月5日 ムロツヨシ(俳優) 9月11日 黒木瞳(女優)
6月12日 平田広明(声優・俳優) 9月18日 クロちゃん(芸人)
6月19日 平愛梨(女優・タレント) 9月25日 PrismaX(アーティスト)
6月26日 石井正則(芸人・俳優・ナレーター) 10月30日 森川亮(元LINE社長、C CHANNEL代表)
7月3日 堀威夫(ホリプロ会長) 11月27日 京田尚子(声優・女優)
    12月25日 川窪慎太郎(「進撃の巨人」担当編集者)

【2016年】  
1月29日 木下ゆうか(YouTuber) 6月24日 片桐はいり(女優)*
2月26日 ラバーガール(芸人) 7月29日 佐藤健寿(奇界遺産フォトグラファー)
3月25日 落合将、大原拓(NHKとと姉ちゃん担当P・D)* 8月26日 加藤諒(俳優・タレント)*
4月29日 ピエール瀧(アーティスト・俳優)* 9月30日 木村多江(女優)*
5月27日 大野拓朗(俳優・タレント)*    
*NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」関係者) 

以上、概要説明に次いで、 2016年8月26日に放送したものを編集しましたダイジェスト版 を聴いた後、審議に入りました。

各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
<各委員公表>
いま「旬」な、西田氏の唯一のラジオ番組、これだけで非常に興味を持ち、惹きつけられる。
話しが上手で聴きやすい。また、話しの中に西田氏の知性をさらりと感じることができる。
タイトルに「ためになる」をつけた理由は?
西田氏の人脈の広さを感じられる様々な分野からのゲストが楽しみであるが、この頃はドラマ(「とと姉ちゃん」)の出演者が多いような感じで、また、ドラマを観ていないと話しの内容がよく分からない感じがする。
BGMに非常に特徴があるように感じますがいかがでしょうか?
ゲストパートを短くして、西田氏のフリートークをもっと聞きたい。
現在、活躍目覚ましい西田氏をどのように起用していきたいか。
今後の展開がとても楽しみであり、期待している。

これに対し、下記の返答をしました。
番組のタイトルの由来は、DJである西田氏自身が、「ためになること」を番組を通じて得ようという意味でつけた。同時に、西田氏本人がためになることは、きっとリスナーの皆さんにもためになる話題となるはず、と言う思いを込めてタイトルを設定した。
脚本家西田氏だからこそ呼べるゲストを売りにしているが、ドラマの出演者をゲストにお呼びした場合も、ドラマの話題だけでなく、皆が気になる一般的な話題も聞くようにして、リスナーに興味を持ってもらうように演出を心がけている。
BGMに関しては、多少の「違和感」を感じてもらうことによって、逆に、リスナーの関心を引き付けたいという狙いがある。
今後は、西田氏の本業を活かした、通常FMヨコハマではブッキングできないようなゲストのトークや、オリジナルのラジオドラマの制作など、コラボレーションしたいと思っている。また、西田氏の本音を聞くことができ、リスナーが普段聞くことができない人気脚本家の本音や作品の裏側などが聞くことができる貴重な番組を目指したい。

以上、16時00分に審議終了、散会しました。

審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日 : なし
審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日
各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表
平成28年10月17日、4:55から3分間、当社で放送予定
平成28年10月17日、当社ホームページに掲載予定 (http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項 : なし
以上