top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2016年4月

会社情報

番組審議会報告

2016年 4月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。

開催年月日 2016年 4月21日(木)   15:00~16:00
出席者 番組審議委員

船場ひさお委員、宝田博士副委員長、山口宏委員、中村由利子委員、
品田英雄委員、長谷川篤司委員、横尾典克委員

FMヨコハマ

兒玉智彦副社長、久冨取締役編成部長、藤木奈々編成部員、
三角文英総務部長、小林信子編成部マネージャー


議題 「濱ジャズ」 (毎週金曜日 02:30~03:00)

議事の内容
審議に先立ち、前回(平成28年3月17日開催)の番組審議会より本日まで、訂正、取り消しの放送がなかったこと、また、放送内容に対する苦情・意見もなかったことを報告しました。
そして、議題の番組について、放送同録CDを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。

審議の内容
まず、議題の番組「濱ジャズ」について、概要説明に入りました。

◆番組タイトル:「濱ジャズ」
◆放送時間:毎週金曜日 02:30~03:00

◆出演: ゴンザレス鈴木

◆放送形態:録音番組

 
<企画内容>

日本ジャズ発祥の地“横浜”の「伝統」と「進化」が折り重なる独特のジャズ文化をお届けするプログラム。毎回、あらゆる文化が融合するアーティストをゲストにお招きし、時には生演奏も交え、番組を盛り上げます。そして、横浜に似合うジャズナンバー“私の濱ジャズ”もご紹介します。

<ゲスト>

純名里沙、水谷八重子、鳥山雄司、大江千里、日野トミー・スナイダー&SHANTI、bird、マリーン・・・


<番組Facebook>
今後制作予定です。

【出演者:ゴンザレス鈴木】
音楽プロデューサー。手嶌葵(『ゲド戦記』)やアン・サリーら高い評価を受ける歌手デビューさせた他、上海万博、韓国・麗水万博では、平原綾香、倉木麻衣、葉加瀬太郎らを起用し、日本館コンサートを成功させる。05年からは、子供と大人が共に感動できる“Kids meet Jazz!”をスタート、全国各地で開催。そのプロデュースワークは、国境や世代を越えて広く共感を生み出している。

【ゲスト:中塚武】
シンガーソングライター、サウンドクリエイター。
自ら主宰するバンドQYPTHONE(キップソーン)としてドイツのコンピレーションアルバム『SUSHI4004』で海外デビュー以降、CM・テレビ番組・映画音楽の制作・アーティストへの楽曲提供と幅広く活動。これまでに6枚のオリジナル・ソロアルバムをリリース。今年3月16日『Lyrics』から3年ぶり、通算7作目のオリジナル・アルバム『EYE』リリース。


以上、概要説明に次いで、2016年4月15日(金)に放送した「濱ジャズ」のダイジェストを聴いた後、審議に入りました。

各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
ゴンザレス鈴木を起用して、日本発祥の「ジャズ」番組を、番組タイトル、内容、時間帯のリニューアルはあるものの22年も番組を続けてきたのは、素晴らしい事のように思う。
ゲストとのやり取りを聴いていると、ゴンザレス鈴木の人柄の良さ、温かさが伝わってくる。また、ゲストのトークを引き出すのがうまいように思う。お互いが、いい意味で尊敬の念を持って接しているのが伝わってくる。
FMヨコハマには何本かジャズの番組があるが、それぞれどんな違いがあるのであろうか。
ゲストのトークの時、あまりにもマニアックな事を話していて、よく意味が分からない場合がある。
トークが長すぎて、もっと音楽を聴きたい時がある。
今後はどんな番組を目指すのか。

これに対し、下記の返答をしました。
ゴンザレス鈴木は、DJの他、音楽プロデューサーやイベントなど手広く活動しており、いろいろな引き出しを持っており、とても魅力ある人である。また、ゴンザレス鈴木の人脈を生かし、彼だから呼べる事ができるゲストもいる。
現在、FMヨコハマでは「濱ジャズ」を含め3本のジャズ番組を編成している。
「女子ジャズRadio」は、出演者がアーティストなので、自身の楽曲を中心に展開、「好きやねんジャズ」は、ジャズレーベル「澤野工房」のオーナー澤野由明が出演して、自身のレーベルの楽曲を中心に展開・・・・と、各番組で差別化を図っている。
最も基本コンセプトである、日本ジャズ発祥の地、横浜の「伝統」と「進化」が折り重なる独特のジャズ文化をダイレクトに届けると言う事を大切に、ゴンザレス鈴木のトーク力も生かしながら、時にはマニアックかもしれないが、時には分かりやすく、形にこだわらず、JAZZの良さを届けていきたい。横浜にはJAZZ喫茶も多くあるので、そういったスポットともコラボレーションして新しい挑戦もできたらと思っている。

以上、16時00分に審議終了、散会しました。

審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日 : なし
審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日
各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表
平成28年5月16日 4:55から3分間、当社で放送予定
平成28年5月16日、当社ホームページに掲載予定 (http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項 : なし
以上