top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2015年12月

会社情報

番組審議会報告

2015年 12月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。

開催年月日 2015年 12月17日(木)   15:00~16:00
出席者 番組審議委員

船場ひさお委員長、宝田博士副委員長、勝治雄委員、山口宏委員、品田英雄委員、岡崎三奈委員、長谷川篤司委員、横尾典克委員

FMヨコハマ

兒玉智彦副社長、久冨取締役編成部長、渡邉陽介編成部員、
三角文英総務部長、小林信子編成部マネージャー


議題 「Tresen+ 第6回トレセン鉄道王決定戦」 (2015年10月12日 月曜日 16:00~20:00)

議事の内容
審議に先立ち、前回(平成27年11月19日開催)の番組審議会より本日まで、訂正、取り消しの放送がなかったこと、また、放送内容に対する苦情・意見もなかったことを報告しました。
そして、議題の番組について、放送同録CDを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。

審議の内容
まず、議題の番組「Tresen+ 第6回トレセン鉄道王決定戦」について、概要説明に入りました。

◆番組タイトル:「Tresen+ 第6回トレセン鉄道王決定戦」
◆放送時間:2015年10月12日 月曜日 16:00~20:00

◆出演: 光邦(DJ)、IMALU(ゲスト)、野田隆(ゲスト:日本旅行作家協会)、山川智也(出題、クイズ監修)

◆放送形態:生放送

 
<企画内容>

「Tresen+」のリスナーの中に多くの鉄道ファンがいます。
また、番組DJ光邦は、自身はマニアではないものの、鉄道学校である岩倉高校の出身。鉄道ファンがどのような姿勢で鉄道と向き合っているかを良く知っており、そのひたむきな姿を番組で取り上げたいという思いがありました。
その一方で、鉄道ファンや文化が、盛り上がりを見せており、鉄道ファンの鉄道を愛するひたむきな姿、鉄道の魅力を伝えることによって、自分の道を極めようと取り組む全ての人達に、勇気や元気を与える企画として、「鉄道王決定戦」が始まりました。今年はその6回目となります。
予選を勝ち抜いた猛者達がスタジオに集結し、鉄道クイズで戦う模様を放送しています。
クイズは、早押しクイズを中心に展開。鉄道マニアでなくても楽しめるよう、様々な音を使ったクイズや演出を随所にこらしています。
出題、監修は、日本中の全ての駅を制した生粋の鉄道ファンであるDJの山川智也。解説に、日本旅行作家協会の野田隆氏にお越しいただき、内容に深みを持たせています。
番組全体として鉄道を彷彿とさせる演出で、徹底して鉄道をテーマにしたエンターテインメント性の高い番組を追求しています。

<コーナー紹介>

駅伝オグリ
番組スタッフのオグリが、電車を乗り継ぎながら各地を移動。少ないヒントからその駅がどこかを当てるクイズ。
走行音クイズ
列車の走行音から、どの電車か当てるクイズ。
駅メロクイズ
様々な駅の発車メロディーを聞いていただき、その駅と番線を当てるクイズ。
IMALUは見た!
鉄道に全く詳しくないIMALUが、電車の写真を見て感想を述べ、そのヒントからどの電車かを当てるクイズ。
車掌の気まぐれクイズ
出題の山川智也が、東海道線の車掌に扮し、電車に乗っている演出で気まぐれにクイズを出題するコーナー。

<出演者>

  光邦
FMヨコハマ「Tresen+」を軸に、TV番組のMC・ナレーター・TVCFほか様々な舞台公演にも出演しマルチな才能を発揮。横浜F・マリノスのスタジアムDJ、バレーボール日本代表の国際大会のマッチ・ナビゲーターなど、スポーツの現場でも持ち前の男気と熱いハートで活躍。趣味は料理・釣り・スノーボードと、自然を愛する男。

このシリーズは5回目の放送番組(平成26年10月13日放送)で、「平成27年度日本民間放送連盟賞 ラジオ生ワイド部門」で優秀賞を受賞しました。


以上、概要説明に次いで、2015年10月12日(月)に放送した「Tresen+ 第6回トレセン鉄道王決定戦」のダイジェストを聴いた後、審議に入りました。

各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
制作者のこだわり、遊び心が感じられる番組である。
「鉄道」と「音」が良い主眼点である。
非常に綿密な取材、手がこんでおり、生放送でこれだけのモノをまとめるのは凄い。
鉄道に興味無い人にも興味が持てる。楽しく聴く事ができる。もう少し音楽を増やしてもいいのではないだろうか?
スタジオ内主演者、回答者が楽しくやっている感じが伝わってくる。和気アイアイ感がいい。どの様に出場者を決めているのだろうか?
光邦を中心としたテンポ感がいい。
演出もよくできており、「音」を充分に使用したラジオならではの番組である。

これに対し、下記の返答をしました。
クイズ出題者の山川智也が書籍やインターネット、雑誌等で集めた情報や、実際に出向いて取材や録音を行ったものを基に問題を作っている。
また、鉄道の日周辺で日比谷公園で行われた鉄道フェアに、地方鉄道の駅員さんがお越しになる時があり、その機会に取材した音声を流す事がある。
楽曲も鉄道に因んだものを選曲しているようにしている。
出演者は先ず、メールで応募し、どんなに「鉄道」が好きか書いてもらい、そこからピックアップし、実際にオンエアでの予選会に、出演してもらう事になっている。

以上、16時00分に審議終了、散会しました。

審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日 : なし
審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日
各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表
平成28年1月18日 4:55から3分間、当社で放送予定
平成28年1月18日、当社ホームページに掲載予定 (http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項 : なし
以上