top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2014年2月

会社情報

番組審議会報告

2014年 2月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。

開催年月日 2014年 2月20日(木)   15:00~16:00
出席者 番組審議委員

船場ひさお委員長、宝田博士副委員長、山口宏委員、 中村由利子委員、
勝治雄委員、品田英雄委員、岡崎三奈委員、横尾克典委員、
長谷川篤司委員

FMヨコハマ 林正光専務取締役、兒玉智彦専務取締役、渡邉陽介編成部兼制作2部部員、
三角文英広報部長、小林信子広報部員

議題 番組 「Lucky Me」  (毎週土曜日 13:00~16:00)

議事の内容
審議に先立ち、前回(平成25年12月19日開催)の番組審議会より本日まで、訂正、取り消しの放送がなかったことを報告しました。
続いて、議題の番組について、放送同録CDを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。

審議の内容
まず、議題の番組 「Lucky Me」 について、概要説明に入りました。

◆番組タイトル:「Lucky Me」
◆放送時間:毎週日曜日 13:00~16:00

◆出演: KANA(ケーナ)

◆放送形態:生放送

 
<番組概要>
みんなのラッキー(楽しいことや好きなこと)をシェアして日曜日午後をハッピーに過ごそう!というプログラム。
ちょっとしたことにアンテナをはると、日常が少し楽しいものになっていきます。
その楽しいこと、好きなことをシェアして日曜午後を、ハッピーに過ごそうというコンセプトの番組。
リスナーからのメッセージをはじめ、番組サイドからも、リスナーが聴いて「ラッキー」と思ってもらえるような、内容となるような情報を発信しています。
オンエアする曲も、「これって好きな曲、聴けてよかった」と思ってくれるような楽曲をオンエア。
日曜の午後にぴったりの、ゆったりとした空気感を演出しています。
番組では、KANAならではの視点で、音楽や映画、ファッションなど、こだわりのモノを紹介したり、時にはゲストを招いてお話をうかがいます。
また、湘南情報をリアルタイムに発信するために湘南の空気を毎時現地よりレポート!湘南の空気をお届けしつつ、日曜日の午後の開放感を演出します。

<コーナー紹介>

◇ネッツトヨタ湘南 presents SHONAN SUNDAY TRIP
レポーターの池田清子がネッツトヨタ湘南のレポートカーに乗って、ドライブで楽しいお出かけの紹介やビーチの様子などをお伝えします。

◇ラッキーミール
日曜のランチタイム、お昼に食べた・食べる食事と、近況をお送りいただき、ご紹介するコーナー。

◇WE LOVE SHONAN レポート
レポーター鈴木まひるが、現地の様子、リアルタイムの湘南をお届けします。

◇My Stylee

KANAのオススメを紹介するコーナー。人物やもの、イベントなど様々なものを、KANAの視点で紹介していきます。時には実際に取材にうかがい、現地の模様をお届けします。

◇SHONAN INFO
最新湘南イベント情報をお届け。湘南の情報はここでCHECK!


<KANAプロフィール>
1998年頃から福岡のHMVで店内DJをスタート、その後コミュニティーFMをはじめ、福岡のFM局でレギュラー番組を持つ。
2003年、結婚を機に東京に移り住む。半年後、FMヨコハマ、渋谷FMへ。その後妊娠を機に休業。2009年に出産。
Lucky Meは、2012年4月から担当しています。
番組内での選曲には定評があり、トークと合わせて独自の世界観を作り出します。


以上、概要説明に次いで、2013年2月16日(日)に放送した番組「Lucky Me」のダイジェストを聴いた後、審議に入りました。

各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
KANAの喋り方、醸し出す雰囲気が良く、とても聴きやすく、心地良い感じがする。
番組を聴いていると、とても等身大で自然体なKANAを感じる事ができ、嫌味が無く、親近感を感じ好感がもてる。
番組全体が自然にまったりと流れていて、日曜日の午後の時間帯にピッタリの番組である。
この番組の流れは、渋滞中の車のなかでも落ち着いて聴く事ができ、どのシーンでも愛聴でき、幅広い年齢層を獲得できる番組ではないだろうか。
選曲がイイ。ジャンルを越えて、またBGMを含めた全体の音楽の質がいい。「知らないイイ曲」が流れると嬉しい気分になる。
テーマ設定はどのような基準で行っているのだろうか?
局側ではどうしようもできない問題だとは思うが、リスナーからのメッセージが少々つまらない感じがしてしまう。

これに対し、下記の返答をしました。
選曲はKANAを含め、番組スタッフ全員で行っている。
CD化されていないレコードのままの音源も積極的にオンエアーしている。
テーマはスタッフミーティングで決定している。
メッセージテーマとして、きっちり決めるというよりは、全体を通じて、テーマに沿った話題をすると言った感じである。基準としては、これから話題になりそうなものを選ぶように心掛けている。
それぞれがネタを持ち寄り、ゲスト案からテーマに広げたり、逆に、テーマを先に決めておいて、ゲストを当て込む場合もある。
リスナーからのメッセージは、マンネリ化を防ぐような、ある種、番組の起爆剤になるようなメールが来る事を期待している。

以上、16時00分に審議終了、散会しました。

審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日 : なし
審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日
各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表
平成26年3月17日 4:55から3分間、当社で放送予定
平成26年3月17日、当社ホームページに掲載予定 (http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項 : なし
以上