FMヨコハマ緊急地震速報2008年4月1日スタート

気象庁は、2007年10月1日から「緊急地震速報」の本運用を開始しました。
そして、FMヨコハマは、2008年4月1日から「緊急地震速報」の放送運用を開始しました。
在京民放ラジオ6社(TBSラジオ&コミュニケーションズ、文化放送、
ニッポン放送、アール・エフ・ラジオ日本、TOKYO FM、J-WAVE)、
首都圏FM2社(FM NACK5、bayfm)も、FMヨコハマと同じ4月1日に「緊急地震速報」の
放送運用をスタートしました。(アール・エフ・ラジオ日本は、8月1日開始)
そこで、今後は、FMヨコハマをはじめとする これらの9社が、
歩調を合わせて、「緊急地震速報」の周知活動を進めていくことになりました。
「緊急地震速報」が、どのようなものであるか、メリットと限界、
それを聞いたらどう行動するか、など 正しく理解して、地震災害の軽減にお役立てください。