DJ光邦と司法書士のスマイル法you★

第2・4水曜日 17:25~ONAIR
DJ光邦と司法書士のスマイル法you★FMヨコハマ84.7第2・第4水曜日17:26~放送中

中小企業サポート

今回の放送は、以前「光邦さん会社をつくるぞの巻」を聴いたトレセナーさんから、質問メールを頂きました。

「トレセンの中で株式会社を設立する話がありましたよね! そこで気づいたのですが、株式会社じゃない会社もいくつかありますね!それについても聴きたかったんです。 有限会社と社団法人などの違いとか、作る方法などを教えてください。よろしくお願いします。」

というお便りでした。

会社や法人には、様々な種類があります。ただし、現在では有限会社を作ることは出来ません。
以前、株式会社をつくるお話をしましたが、自分が会社を作る場合、どんなことを知っておくべきだと思いますか?

事業の計画、売上や税金、お金のこと、広報や営業ツールなども大切ですが、法律のことも大切です。
これにより、個人事業主が会社を設立すると、信用力があるということの証明にもなり、その他税金面等で様々なメリットがあります

そこで今回は、神奈川県司法書士会の中小企業支援研究委員会 委員長 三浦 真弘(みうら まさひろ)さんお招きしましたので、説明ししていただきましょう。

会社や法人には、どんな種類があるの?

質問にあったように、法人には様々な種類があります。一番知名度が高いのが株式会社で、次に合同会社。会社以外に一般社団法人、NPO法人があります。下記には、それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

株式会社
特徴:一人でも起業できる。資本金は1円からでもOK
合同会社
特徴:株式会社と比べて、簡単に作れ、費用も安いです
一般社団法人
特徴:営利、非営利のどちらの事業も行えます
NPO法人
特徴:事業は限られますが、税金の面で優遇されています

上記のように、いろいろな会社や法人があります。

しかし、事業を始めるにあたって、事務所となる部屋を借りたり、フランチャイズ契約をしたりと、色々な契約が必要になります。

契約書で困ったら!

この契約書が難しいのです。契約書をみても、自分に利益、または不利益になる言葉があるかどうか、判断するのは難しく、とても不安ですよね。

そんな時に頼りになるのが、司法書士です!
私達司法書士は、契約書のリーガルチェック※のサポートもします。契約書の内容からリスクなどを説明し、後日のトラブル防止に役立てられます
※作成した契約書が法的に妥当であるか、リスクが存在しないかをプロである専門家にチェックしてもらうことをいいます

さらに、事業内容を増やしたい。物を売ったのに相手がお金を支払ってくれない。従業員への残業問題。事業を誰かに継いでほしいけど、どうしたらよいかわからない等の問題を解決するサポートをしています。

中小企業支援研究委員会はどんなことをしているの?

中小企業支援研究委員会では、中小企業の支援に関する相談会や講演会の開催。セミナー、大学などへの講師派遣をおこなっています

三浦さんは、フェリス女学院大学の商法・会社法の講師もしていらっしゃいます。

司法書士では、こういった「中小企業」のサポートをしていることを、今回知って頂けたらと思います。法人の違いや手続きなど、詳しくは司法書士へご相談ください。


 

▲ページのトップへ戻る