top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2016年3月

会社情報

番組審議会報告

2016年 3月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。

開催年月日 2016年 3月17日(木)   15:00~16:00
出席者 番組審議委員

船場ひさお委員、宝田博士副委員長、山口宏委員、中村由利子委員、
品田英雄委員、岡崎三奈委員、長谷川篤司委員

FMヨコハマ

兒玉智彦副社長、三角文英総務部長、小林信子編成部マネージャー、
渡邉陽介編成部員


議題 特別番組「エアチェック」 (2015年12月27日 日曜日 20:00~21:00)

議事の内容
審議に先立ち、前回(平成28年2月18日開催)の番組審議会より本日まで、訂正、取り消しの放送がなかったこと、また、放送内容に対する苦情・意見もなかったことを報告しました。
そして、議題の番組について、放送同録CDを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。

審議の内容
まず、議題の番組「エアチェック」について、概要説明に入りました。

◆番組タイトル:「エアチェック」
◆放送時間:2015年12月27日 日曜日 20:00~21:00

◆出演: 小松利昌 相川冬也 大東駿介  市川勉 武虎 横尾三郎 野村典子 
石井正則

◆放送形態:録音番組

 
<企画内容>

平成23年日本民間放送連盟賞ラジオエンターテインメント部門最優秀賞を受賞した、ラジオドラマ「DAI」の脚本・演出を手がけたスタッフが送るスペシャルラジオドラマ。とあるラジオ局を舞台に繰り広げられる、壮大なSFスペクタクル!

<あらすじ>

舞台はとあるラジオ局。番組を終えたベテランディレクター古沢は、珍しく編成局長に呼び出される。 そこで伝えられたのは誰もが耳を疑う驚きの珍プロジェクトだった!
交錯する日常と非日常、関東と関西、そして巨大ショッピングセンターと個人商店!?
人知を超えた混乱の中で、それぞれが見いだしたものとは・・・


出演者は、小劇団出身の演技派俳優の層が厚い事務所「キューブ」にご協力いただき、
主演には俳優の小松利昌さんに、AD役には、モデルとしても活躍してる大東駿介さんに、宇宙語を理解する怪しい人物役には、アリtoキリギリスの石井正則さんに出演いただきました。その他の出演者も、実力派で固めました。
告知には、ホームページの他、告知動画を制作し、FMヨコハマ公式Facebookで告知するなど、新たな試みを実施しました。


以上、概要説明に次いで、2015年12月27日(日)に放送した「エアチェック」のダイジェストを聴いた後、審議に入りました。

各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
出演者の方が上手い。テンポが良く。聴き易い。
また、出演者の声が皆はっきりと違うので、声だけで登場人物の表情が浮かぶ感じである。
面白く、いろいろな要素があり、スキがなく、飽きさせない内容となっている。
このドラマの一番の特徴は何ですか?
やはり、『30周年』と言う事も意識しましたか?
なぜ、タイトルをエアチェックにしたのか?
SEが少ないような気がしましたが。
「少々分かりにくい」「ちょっとつじつまが合わない」のでは?

これに対し、下記の返答をしました。

ラジオドラマは、声が主であるので、小劇団出身の演技派俳優の層が厚い事務所「キューブ」にご協力をいただき、アリto キリギリスの石井正則さんや、俳優の小松利昌さん、モデルでも活躍中の大東駿介さんなど、にご出演いただいた。

ラジオ局を舞台にしたSFコメディです。独創的なストーリー展開に、30年前の楽曲や文化、コネタなどを盛り込んでいます。個性的な登場人物による会話。などが、特徴である。
このドラマは、「宇宙で地球の30年前のラジオをエアチェックしている」という設定から始まります。FMヨコハマが30周年という事もあり、30年前の放送というところを絡めた。
先ず、ラジオに関する用語をタイトルにしたかった。
そして、宇宙で地球の30年前のラジオをチェックしているという設定にし、宇宙人が、エアチェックで知った曲をかけるといった流れとなった。
場所の設定が会議室だった事、会話中心の内容になったのでSEを少なくした。
それにより、関西弁が一種のアクセントになり、話が進行する重要なシーンでは、BGMを入れ、シーンの意味を強調した。
盛り込む内容が増えすぎて、それを成立させるために、説明が増え過ぎたことが、分かりにくくなった原因かと思う。
「宇宙」という設定の中で、あえて、突っ込みどころとして「太陽が交差する」とか、「ピリピリ語」などの突飛なエピソードを盛り込み、結果として、空想に寄ってしまい、現実とはつじつまが合わない内容になってしまった感がある。

以上、16時00分に審議終了、散会しました。

審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日 : なし
審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日
各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表
平成28年4月18日 4:55から3分間、当社で放送予定
平成28年4月18日、当社ホームページに掲載予定 (http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項 : なし
以上