top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2014年7月

会社情報

番組審議会報告

2014年 7月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。

開催年月日 2014年 7月17日(木)   15:00~16:00
出席者 番組審議委員

船場ひさお委員長、宝田博士副委員長、横尾克典委員、長谷川篤司委員

FMヨコハマ 兒玉智彦副社長、久冨一雄取締役編成部長、筒井理編成部マネージャー、
小林信子編成部マネージャー、三角文英総務部長

議題 番組 「Aja Aja Friday」  (毎週金曜日 22:00~23:20)

議事の内容
審議に先立ち、前回(平成26年6月19日開催)の番組審議会より本日まで、訂正、取り消しの放送がなかったことを報告しました。
続いて、議題の番組について、放送同録CDを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。

審議の内容
まず、議題の番組 「Aja Aja Friday」 について、概要説明に入りました。

◆番組タイトル:「Aja Aja Friday」
◆放送時間:毎週金曜日 22:00~23:20
◆提供:横浜マリンタワー

◆出演: WAZZ UP(JUNE、kyo-hey)

◆放送形態:生放送

 
<番組概要>
金曜日夜に送るエンターテインメント・プログラム。音楽情報はもとより、メンバーの個性を活かした語学コーナー、地元横浜エリアの情報紹介なども含め、金曜夜、就寝前のひとときを、友だちと過ごしているようなそんな感覚を覚えるような番組をお届けします。
WAZZ UPという、これからが期待される新人アーティストをDJとして起用することにより、局が、そして番組リスナーが彼らを育てて行くような番組を目指します。
番組コンテンツとしては、DJのアーティストとしての側面を活かした最新音楽情報紹介や、来日中の著名アーティストへのインタビュー、スタジオ生歌コーナー、また、メンバーの個性を活かした語学(韓国語)コーナー、そして、横浜エリアを本人たちの取材により紹介するコーナー(事前収録)を柱として番組を組み立てています。


<出演者プロフィール>

◇DJ:WAZZ UP (JUNE、kyo-hey)
  w-inds.、大国男児、山下智久、黒木メイサ等様々なアーティストのプロデュース・楽曲提供を手掛けているJUNE(Vo.)と、類い稀なるルックスを活かした俳優活動などもおこなうkyo-hey(Vo./MC)によるヴォーカル&ラップグループ。



<コーナー説明>
◇ゲストコーナー
洋楽・邦楽の有名アーティストから、WAZZ UPがコンポーザーとして関わってきた話題のアーティストまで幅広く出演。
<過去の出演アーティスト>
Bruno Mars、Ne-Yo、Backstreet Boys、FUN、KES$A、カーリー・レイ・ジェプセン、シェール・ロイド、Ariana Grande、Far East Movement、Earth, Wind&Fire、Nick Carter(BSB)、w-inds. 、K、INFINITE、U-KISS、超新星、キム・ジェジュン(JYJ)、シアジュンス(JYJ)、D-Lite(BIG BANG)など

◇Tower of パノラマップ(提供:横浜マリンタワー)
横浜マリンタワーから360度見渡せる横浜の街。そんな横浜マリンタワーを起点として、横浜の素晴らしさを再発見するコーナー!毎週、マリンタワー1階にある「ROOM847」を出発して、魅力あふれる横浜の街、歴史を楽しく、わかりやすく紹介。
レポーターは、kyo-heyが担当。
<過去の取材場所>
氷川丸、横浜開港資料館、ロイヤルウイング、ホテルニューグランド、Rodeo Drive(元町ショッピングストリート)、山手西洋館、横浜マリンタワーThe Bund&The Tower Restaurant、えの木てい、横浜人形の家、スタージュエリー、中華街 謝甜記、中華街 三和楼~関帝廟、Star Hotel Blue Light Bar、海の公園、馬車道 尾壱家、SNOVA新横浜
<今後の取材場所>
サマーナイトクルーズ、パパブブレ、Gold Gym、県立歴史博物館

◇生歌コーナー
メンバーJUNEが数々のアーティストの有名曲のカバーを歌うコーナー。
Bruno Mars、ビートルズ、Chris Brown、Ne-Yoなど

◇耳をすましてLISTEN!マチョバ!!
メンバーが何をしているか音だけで当てる、ラジオならではのコーナー。

◇JUNEの韓国語講座
JUNEの母国語の韓国語をおもしろおかしく覚えてもらうコーナー。
JUNEが監督となり、ドラマ仕立てに韓国語を教えます!



以上、概要説明に次いで、2014年7月11日(金)に放送した番組「Aja Aja Friday」のダイジェストを聴いた後、審議に入りました。

各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
しゃべりは決してうまいとは言えないが、変に気負いがなく、友達に話しかけるようで、自然に会話が入ってくる。親しみやすい。適度なスピード感、テンション感がイイのであろう。
等身大のWAZZ UPを感じる事ができる。
FMヨコハマには、アーティスト番組がいろいろとありますが、「Aja Aja Friday」が、他の番組と大きく違う点、差別化するところはどこか?
WAZZ UPの特性とその魅力をどう番組に反映させているのだろうか?
魅力あふれる横浜の街、歴史を楽しく、わかりやすく紹介している「Tower of パノラマップ」。
滋賀出身のkyo-heyが、県外からの、またリスナー目線で横浜を紹介しているのは、とても面白く、よく分かり好感が持てる。
リスナーのターゲット層は?
今後どのような番組にして行きたいか?

これに対し、下記の返答をしました。
しゃべりに関しては素人である故、決してうまいとは思わないが、少しでも彼らの自然体の姿を感じてもらえれば、と思って制作している。
番組DJのWAZZ UPは、FMヨコハマでのラジオ出演が初めての経験となるが、あえて長時間(80分)の生放送を任せること。通常は30分~60分の尺である。
また、アーティストと共に番組を1から作り上げているのが特徴である。
メンバーのJUNEの個性を活かした、韓国語講座コーナーや、コンポーザとしての側面を活かしたアーティスト仲間をゲストに呼ぶコーナーや、アーティストの本業を活かしたライブパフォーマンスコーナーなどを展開している。
リスナー層は、アーティストのファン層である、20代、30代の女性をメインに、若年層をターゲットとしている。
また、アーティスト番組の特異性なのか、番組メールから分析すると、関東圏(千葉県、埼玉県など)でのradiko.jpによるリスナーも多いのが特徴である。
番組と共にアーティストとしても育ってほしい。
ただ番組をやっているアーティストDJと言う事でなく、地元放送局の一員として、地元のイベントや地元の活性化となるような動きも積極的に参加して行きたい。
また、ターゲット層に訴求できるように、WAZZ UPのアーティストとしてのセンスを活かして、グッドミュージックをセレクトして届けて行きたい。

以上、16時00分に審議終了、散会しました。

審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日 : なし
審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日
各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表
平成26年8月18日 4:55から3分間、当社で放送予定
平成26年8月18日、当社ホームページに掲載予定 (http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項 : なし
以上