top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2013年5月

会社情報

番組審議会報告

2013年 5月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。

開催年月日 2013年5月16日(木)   15:00~16:00
出席者 番組審議委員

船場ひさお委員長、宝田博士副委員長、山口宏委員、 品田英雄委員、
勝治雄委員、岡崎三奈委員、長谷川篤司委員、横尾典克委員、
長谷川篤司委員

FMヨコハマ 林正光専務取締役、加藤直裕編成制作部長、筒井理編成マネージャー、
三角文英広報部長、小林信子広報部員

議題 番組 「M ARENA (エム・アリーナ)」  (毎週日曜日 20:00~21:00)

議事の内容
審議に先立ち、前回(平成25年4月18日開催)の番組審議会より本日まで、訂正、取り消しの放送がなかったことを報告しました。
続いて、議題の番組について、放送同録CDを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。

審議の内容
まず、議題の番組 「M ARENA」 について、概要説明に入りました。

◆番組タイトル:「M ARENA」
◆放送時間:日曜日 20:00~21:00

◆出演: 新井麻希

◆放送形態:事前収録による完パケ

 
<番組概要>
番組タイトルの「M」とは・・・M→Music、M→Masterpiece、M→Maki。
新DJ新井麻希が、毎回最高のアーティストをアリーナ(スタジオ)にお招きして、「珠玉」の「楽曲たち」をお届けするプログラム、それが「M ARENA(エム・アリーナ)」!略して「エム・アリ」!!

<ポイント>

◇FMヨコハマを代表するアーティスト紹介プログラムであるということ
1時間という長尺を使って1組のアーティストをリスナーにしっかりと紹介。

◇地元出身DJの起用
地元神奈川出身、在住のフリーアナウンサー新井麻希を起用。地元出身者だからこそ出すことができるコメントなどが今後期待できる。

◇ポテンシャルの高さ
民放局アナウンサーに選ばれるポテンシャルの高さは、様々なタイプのアーティストとのインタビューから感じ取ることができる。

◇ネイティブなバイリンガル
中高時代ニューヨークで暮らしていた経験有。語学力の高さを活かし、海外アーティストも今後積極的にブッキング予定。

◇幅広い好奇心・人に好かれるキャラクター
様々なジャンルの音楽に興味を持つ。音楽だけでなく、スポーツ(サッカーや自転車など)にも強い。音楽一辺倒だけでない、アーティストの様々な側面を引き出せる、人の懐に自然に入ることのできるキャラクターは、インタビュアーとしての最高の能力と言える。


<ゲスト例>
岡村孝子、遊助、the telephones、E-girls、ナオト・インティライミ、CLIFF EDGE、横山剣(クレイジーケンバンド)、SING LIKE TALKING、May J.、KEITA(w-inds.)、島谷ひとみ、AI、畠山美由紀 他予定


以上、概要説明に次いで、2013年4月7日、4月21日、5月12日に放送した番組「M ARENA」のダイジェストを聴いた後、審議に入りました。

各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
略しての番組タイトル「エム・アリ」は、とても呼びやすく、使いやすい、また親しみ深い。
DJの新井さんは言葉が正確で聞きやすい。ゲストから話しの聞き出し方がうまい。FMヨコハマではアナウンサー出身の人をDJに起用するのは、珍しい気がするが。
ピックアップするゲストによって、聞くか聞かないかがはっきりと分かれてしまう番組であろう。
「日曜日の20時」、番組編成時間帯のポイントは?
地元出身のDJであるから、もっと地元色、横浜らしさを出してもいいのではないだろうか。

これに対し、下記の返答をしました。
多くのゲストをお招きすると言う番組の性質上、即戦力があるDJを選出する必要性があった。また同時に、FMヨコハマと言う土地柄を番組に自然に反映する事ができる様に地元出身のDJを探しており、両方のポイントを兼ね備えている人材が新井麻希であった。
故に、求めている条件にあった人材がたまたまTBSアナウンサー経験があった、と言う結果であった。
どうしてもゲストによって左右されてしまう番組である。今後はアルバムリリースタイミングのアーティストに拘らず、様々なジャンルのアーティストを紹介して行きたい。また、新井麻希の語学力を活かして、海外アーティストも積極的にブッキングし、リスナー層を広げて行きたい。
日曜日の夜は、車で行楽地から戻ってきたりするようなタイミングだったりと、ラジオからも自然と地元、『横浜』の情景、雰囲気を醸し出したいと思っている。
地元出身のDJを起用する事によりそれを可能にしていきたいと思っている。
今後、積極的に公開放送などを行い、リスナーの方々に新井麻希を始めみなさんに愛される番組になるよう育てて行きたい。

以上、16時00分に審議終了、散会しました。

審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日 : なし
審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日
各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表
平成25年6月17日 4:55から3分間、当社で放送予定
平成25年6月17日、当社ホームページに掲載予定 (http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項 : なし
以上