top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2012年11月

会社情報

番組審議会報告

2012年 11月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。

開催年月日 2012年11月15日(木)   15:00~16:00
出席者 番組審議委員

品田英雄委員長、船場ひさお副委員長、宝田博士委員、中村由利子委員
山口宏委員、横尾典克委員、岡崎三奈委員、長谷川篤司委員

FMヨコハマ 林正光専務取締役、兒玉智彦専務取締役、久冨一雄編成副部長、
三角文英広報部長、小林信子広報部員

議題 番組 「 Travelin’Light 」 (土曜日 11:00~13:00)
 
議事の内容
審議に先立ち、前回(10月18日開催)の番組審議会より本日まで、訂正、取り消しの放送がなかったことを報告しました。
続いて、議題の番組について、放送同録CDを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。

審議の内容
まず、議題の番組 「Travelin’Light」 について、概要説明に入りました。

◆番組タイトル : 「Travelin’Light」
◆放送時間 : 毎週土曜日 11:00~13:00
◆出演 : 畠山美由紀

◆放送形態 : 生放送

 
<番組概要>

シンガーソングライターの畠山美由紀をキャリア初となるDJに起用し、心地よい音楽と、豊かなライフ・スタイルのヒントや、ドライブに役立つ情報など、週末に相応しい内容でお送りする2時間のニュープログラム。
畠山美由紀も自ら携わるこだわりの選曲、アーティストならではの豊かな感受性と、その歌声と同じく優しいハートウォーミングなトークが番組に深みを持たせています。


<DJプロフィール>
シンガーソングライター「畠山美由紀」。1972年8月18日 宮城県気仙沼生まれ。
1991年上京後、10人編成のダンスホール楽団“Double Famous”のヴォーカリストとして活躍する中、ゴンザレス鈴木率いる“SOUL BOSSA TRIO”のフューチャリング・ボーカリストとしてCDデビュー。
その後、ギタリスト・小島大介とユニット“Port of Notes”を結成。
Port of Notes、Double Famousの活動を続けながら、2001年9月、シングル「輝く月が照らす夜」でソロデビュー。
現在までに4枚のオリジナルアルバムの他、カバーアルバム、ライブアルバム、ライブDVDなど多数作品を発表。
ボーカリストとして、他アーティストの作品、トリビュート・アルバム、映画音楽等の参加も多数。
また、ソロデビュー時から、キリスト品川教会グローリア・チャペルにて毎年行われているプレミアライブ “Live Fragile”のチケットは、毎公演即日完売。
同世代の女性をはじめ、本物の音楽を聴きたいという音楽ファンたちから圧倒的な支持を受けています。
CM曲やナレーション参加も多く、これまでに、小田急ロマンスカー、女性化粧品「Obagi」、ハウス「こくまろカレー」、Honda「LIFE」、HITACHIやJR西日本企業CM、パナソニック「LED電球EVERLEDS」のTVCMソングや、KOSE「薬用 雪肌精」TVCMナレーションなどを担当。

 
<コーナー内容>
JOINUS STYLE ON SATURDAY 11:10~11:20
日々の生活が豊になるヒントを紹介するコーナー。
横浜トヨペット~Daylight Cruising 11:31~11:36
ドライブに役立つちょっとしたアイデアや情報をご紹介するコーナー。
HITS BOX 12:36~12:56
1955年以降、いわゆる“ロック・エラ”の時代に誕生した60年近い歴史の中のポップ・ソングから、選りすぐった名曲を、様々な切り口で紹介するコーナー。
※コーナー・コメンテーター KARL南澤
80年代驚異の音楽サークル「Galaxy」に所属しながらMotown Familyの会長を歴任。1987年から2011年までメジャー・レコード会社の主に洋楽制作・宣伝業務に携わり、多くの洋楽メガ・ヒット作品の誕生に貢献。 並行してビルボード・チャートを追い求めながら、90年代から各音楽専門誌や洋楽作品のライナーノーツを執筆。 四半世紀にわたるレコード会社勤務を経て、現在は音楽ジャーナリストとして活躍中。 ビルボード・チャート/ブラック・ミュージック/日本の女性アイドルに関しての造詣が深く、自身のブログ「KARL南澤の考えるSHIT!」も静かなる話題に・・・。

 
<その他>

スタジオライブ
月1回程度の頻度で豊富なアーティスト人脈の中から、ゲストを迎え、スタジオライブを行うなど、シンガーとしての魅力も伝えていきます。
備考
今回の同録は、2012年11月10日(土)オンエア分となります。

以上、概要説明に次いで、これまで放送した番組「ワンダフルアスリート」のダイジェストを聴いた後、審議に入りました。

各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
畠山美由紀さんは、声が良くとても聴き易い。自分自身の言葉で自然にきちんと語っている事に非常に好感が持てる。初のDJとは思えないくらいの度量である。
選曲がいい。幅広いジャンルから、またアルバムから選曲する際にも普通はあまりかからない楽曲の選曲。比較的古い楽曲でも新しく聴こえるセンスの良さ。楽曲の並び順も良く、全体の構成、バランスも良く、非常に音楽性の高い番組となっている。
スタジオでの生ライブはとても貴重でリスナーにとっては贅沢な時間である。
「HITS BOX」のコーナーはとてもためになる。音楽好きな者にとっては、琴線に触れる楽曲がかかり、次回はどんな曲がかかるか非常に楽しみである。
コメンテーターの南澤さんの話題もとても興味深く、今後も期待したい。
前後の番組(二人掛け合い形式)に挟まれ、いいアクセントとなっている。
番組タイトル「Travelin'Light」の所以は?

これに対し、下記の返答をしました。
畠山美由紀は、震災を始め色々な経験をされていて、またシンガーソングライターである所以の豊かな感受性が、語り口を始め番組全体に発揮される事を期待して起用した。
全体の約4割を畠山美由紀さん自身に選曲をしてもらい、楽曲の説明、思い、エピソードなどを自身の言葉で紹介してもらっている。決してマニアックでは無く、「なかなか聴く事ができない曲」を選曲するよう心がけている。
ゲスト出演、スタジオライブは、アーティストである畠山美由紀ならではの人脈を活かした企画である。
「Travelin’Light」は、ビリーホリディ、チェット・ベイカーの楽曲タイトルである。
土曜日のこの時間に「気軽な旅気分を!」と言う意味合いを含んでいる。
 
以上、 16時00分に審議終了、散会しました。

審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日 : なし
審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日
各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表
平成24年12月17日 4:55から3分間、当社で放送予定
平成24年12月17日、当社ホームページに掲載予定 (http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項 : なし
以上