top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2012年2月

会社情報

番組審議会報告

2012年 2月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。

開催年月日 2012年2月16日(木)   15:00~16:00
出席者 番組審議委員 品田英雄委員長、山口宏委員、宝田博士委員、横尾克典委員、
勝治雄委員、岡崎三奈委員、長谷川篤司委員
FMヨコハマ 林正光専務取締役、兒玉智彦常務取締役、加藤直裕編成制制作部長、
神戸竜太編成制作部員、三角文英広報部長、小林信子広報部員

議題 番組 「柳ジョージ~TRIBUTE SPECIAL~FOR YOUR LOVE」 
     (特別番組 平成24年1月1日 20:00~21:00)

議事の内容
審議に先立ち、前回(12月15日開催)の番組審議会より本日まで、訂正、取り消しの放送がなかったことを報告しました。
続いて、議題の番組について、放送同録CDを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。

審議の内容
まず、議題の番組 「柳ジョージ~TRIBUTE SPECIAL~FOR YOUR LOVE」 について、概要説明に入りました。

◆番組タイトル:「柳ジョージ~TRIBUTE SPECIAL~FOR YOUR LOVE」
◆放送時間:特別番組 平成24年1月1日 20:00~21:00 60分間

◆出演: 光邦、ケイコ・リー、鈴木明男(コメント)、鈴木聖美(コメント)、横山剣(コメント)

◆放送形態:事前収録による完全パケ

 
<番組概要>
生涯、生まれ育った「港町・横浜」を愛し、横浜を中心に活動。2011年11月、惜しまれながらこの世を去ったミュージシャン、柳ジョージをトリビュートするスペシャルプログラム。
彼と一緒に時代を過ごし、リスペクトしてやまないアーティスト鈴木明男、鈴木聖美、横山剣のコメントや楽曲リクエストを中心に、FMヨコハマの番組に出演した際の貴重なインタビューコメントなどを交えながら、柳ジョージの「音楽の世界」をたっぷりとお届けします。

<柳ジョージプロフィール>
1948年、横浜生まれ、横浜育ち。学生時代から地元横浜を中心にバンド活動をはじめ、1969年、日本初の本格的ブルース・バンド“パワー・ハウス”としてデビュー。その後、人気グループ・サウンズの“ザ・ゴールデン・カップス”にベースとして参加。解散後の1975年、柳ジョージとレイニーウッドを結成。
アメリカのロック、ブルースを基調にした“大人のギターロック”で、日本の歌謡・ポップス界に新風を吹き込み、1978年リリースのシングル「雨に泣いてる・・・」で大ブレイク。「FENCEの向こうのアメリカ」「さらばミシシッピー」など次々にヒットを飛ばす。
中でも79年のアルバム「RAINY WOOD AVENUE」はオリコンチャート1位を記録する大ヒット。そして1981年暮れの武道館公演を最後に“柳ジョージ&レイニーウッド”は解散。
その後はソロとして活動する中、2005年には、レイニー・ウッドを再結成。
2008年にはフジロック・フェスティバルに出演するなど、横浜を拠点に精力的に活動。音楽はもちろんのこと、実直な人柄で、音楽ファンのみならず、多くの後輩アーティストからも敬愛をうける、日本を代表するロック・ミュージシャン。

 


以上、概要説明に次いで、1月1日に放送した番組「柳ジョージ~TRIBUTE SPECIAL~FOR YOUR LOVE」のダイジェストを聴いた後、審議に入りました。

各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
質が高く、「愛」を感じる(ゲストの愛情、番組制作者の愛情)心に残る番組である。
放送時間帯もよく、番組全体がゆるやかに流れ、改めて「柳ジョージ」さんの音楽を聴きたくなるような番組である。
番組全体の構成がしっかりとできている。
FMヨコハマの、地元出身のアーティストを大切にする、という姿勢が伝わってきた。
横浜をこよなく愛し続けた柳ジョージさん・・・・在りし日の本人のコメントも聴けて、FMヨコハマにしか制作する事ができない、正に「TRIBUTE」に値する番組である。

これに対し、下記の返答をしました。
FMヨコハマが、柳ジョージさんにとって、生前最後のラジオ出演になった時の貴重な肉声を中心に、彼に縁の深い方をDJそしてコメントゲストとして迎え、構成した。
今後も「ヨコハマ」に関わるアーティストを大切に、良質な番組作りを心がけたい。

16時00分に審議終了、散会しました。

審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日 : なし
審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日
各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表
平成24年3月19日 4:55から3分間、当社で放送予定
平成24年3月19日、当社ホームページに掲載予定 (http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項 : なし
以上