top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2007年11月

会社情報

番組審議会報告

2007年 11月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 2007年11月15日(木) 15:00~15:40
出席者 番組審議委員 山口宏委員長、中村由利子副委員長、宝田博士委員、品田英雄委員、船場ひさお委員、木下大助委員
  FMヨコハマ 林正光専務取締役、水野隆司専務取締役、石原文男編成制作部、 兼事業部長、筒井理編成制作部部員
議題 番組 「らんらんツアー Friday Wanderer」(金 14:00~14:10)
議事の内容
審議に先立ち、前回(10月18日開催)の番組審議会より本日まで、訂正・取り消し放送がなかったことを報告しました。
次いで、議題の番組について、放送同録テープを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。
審議の内容
まず、議題の番組「らんらんツアーFriday Wanderer」について、概要説明に入りました。

◆番組タイトル:らんらんツアー Friday Wanderer

◆提供社:沖縄ツーリスト

◆DJ:松原さと子

◆放送時間:毎週金曜日 14時00分~14時10分(10分番組)(Tips Town内)

◆放送形態:生放送(ドラマ部分のみ事前収録による完パケ)

◆番組概要:
  • 毎週金曜日午後2時にリスナーを沖縄へ案内する。

  • 沖縄の風景を切り取ったワンシーンを毎週お届けする。

  • 目をつぶれば、そこに「沖縄」があり、金曜日の小旅行をお届けする。

  • 「Wanderer」=「旅人」、「放浪する人」

★番組コンセプト:「イメージさせるラジオ」
ラジオならではの醍醐味・良さ→「音」で感じさせる、想像させる楽しさを追求。 昼のひとときに、ちょっとしたギャップ(番組本編との違い)を与えることにより、 リスナーにより一層のインパクトを与えればと思っている。リスナーに「あぁ、沖縄に行ってみたいなぁ」と感じてもらえるような番組作りを 目指している。

★番組フォーマット
  • 14:00  <コーナーSS>
    <前提供クレジット>

    DJトーク(前枠)(約1、2分)→DJによる生読み

    14:02  ラジオドラマ(約2、3分) →事前収録、完パケ
    14:05  M(ラジオドラマのイメージに沿った曲)(約3分)
    14:07  ラジオドラマの補足説明(約1分) →DJによる生読み
    14:08  <新コーナーSS>

    提供社インフォマーシャル(40秒) →DJによる生読み

    14:09  <後提供クレジット>
    14:10

    ※選曲に関しては、沖縄に関連した楽曲はもとより、イメージに合った楽曲であれば洋・邦楽ジャンル問わずオンエアしている。
 
★番組以外の展開
 ・番組専用ブログの実施
番組情報、沖縄情報、オンエア曲の情報などを紹介。 ・積極的な番宣スポットの制作
・番組オリジナルステッカーの制作(制作中)
番組の認知向上へ向けての施策
配布方法:番組レポーターに持たせて配布
沖縄ツーリスト関連の店舗・カウンターに置く
番組内プレゼント
 


以上、概要説明に次いで、7月20日(金)オンエア分をダイジェストにしたテープを聴いた後、審議に入りました。
各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
  • ラジオドラマの雰囲気は良いが、物足りなさを感じる。ドラマと後の情報コーナーとの メリハリがつきすぎている。もう少しリンクさせても良いのではないか。

  • 横浜からのしゃべりと音楽を流すだけではなく、沖縄にいる普通の人の声が入ると、行きたくなるし、沖縄の気分も盛り上がる。

  • 沖縄はブームにもなっており、かなりの情報が入ってきている。ありきたりのものではなく、魅力的な情報が発見できるような番組にしてほしい。

  • 1~2ヶ月先のタイムリーな沖縄の話題を、ドラマに入れ込んだらどうか。CMもいきるのではないか。

  • ラジオなので、音からイメージを膨らませるわけだが、視覚以上に行きたくなる感情を起こさせる可能性のある番組だ。

  • 細かい情報は、ネットでとる時代。ラジオドラマの雰囲気づくりに重きを置いた方が良いのでは。

これに対し、下記の返答をしました。
  • 当初、ドラマとインフォマーシャルのリンクを考えたが、ドラマの制約や納期の問題などがあり、理想の形は実現できなかった。今後も改良を加え、理想の形を追求していきたいと思う。

  • 沖縄の現地の声や音は、必要だと思っている。ため録りでも良いから、スタッフを現地へ行かせて収録させたい。

  • 専用のブログを開設しているので、もっと深い情報はブログなどでアップし、放送本編は雰囲気をより大切するように心がけていきたい。

  • ドラマ本編とインフォマーシャル告知部分は、今まではあえてギャップを持たせるためにメリハリを意識していたが、今後、より聴きやすいコーナー作りを目指していきたい。

  • ステッカーが完成したので、リスナーやスポンサーの関係店舗などに設置して、オンエア以外でも本番組のPR促進に努めていきたいと思う。

15時40分に審議終了、散会しました。
審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日:なし

審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日

  • 各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表

  • 平成19年12月17日04:55から3分間、当社で放送予定

  • 平成19年12月17日、当社ホームページに掲載予定
    http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項:なし
以上