top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2007年9月

会社情報

番組審議会報告

2007年 9月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 2007年9月20日(木) 15:00~15:55
出席者 番組審議委員 山口宏委員長、宝田博士委員、品田英雄委員、船場ひさお委員、木下大助委員
  FMヨコハマ

林正光専務取締役、水野隆司専務取締役、柳浩一郎取締役、石原文男編成制作部長兼事業部長、飯島和夫広報部長、筒井理編成制作部部員

議題 番組 「THE STOLEN MOMENTS」(月~金 23:00~23:30)
議事の内容
審議に先立ち、前回(7月19日開催)の番組審議会より本日まで、訂正・取り消し放送がなかったことを報告しました。 次いで、議題の番組について、放送同録テープを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。
審議の内容
まず、議題の番組「THE STOLEN MOMENTS 」について、概要説明に入りました。

◆番組タイトル:THE STOLEN MOMENTS

◆DJ:JAZZY SPORT CREW

◆放送時間:毎週月曜日~金曜日 23時00分~24時00分 (1時間番組)

◆放送形態:事前収録による完パケ放送

◆番組概要:
2006年4月改編のテーマ「インターナショナル」「ハイセンス」「ハイクオリティ」にマッチした番組の一つとしてスタートさせたプログラム「THE STOLEN MOMENTS」。横浜の夜に似合う、JAZZをベースとした様々なタイプ=「新しいJAZZの形」というべき楽曲を届ける。音が紡ぎだす「かっこよさ」を追求したFMラジオ本来の姿というべきプログラム。

★JAZZY SPORTを起用した理由
2006年4月改編の目玉としてFMヨコハマは本プログラムをスタート。JAZZY SPORTを起用した理由としては、
※他の放送局でまだ手をつけていないフレッシュなアーティスト集団だったという点。
※横浜がもっている「かっこよさ」「JAZZ」などの要素と彼らの音楽に対する姿勢。プロダクションがマッチしていたという点。
※FMヨコハマに新しい風を吹き込んでくれそうな雰囲気を持っていた点。

★「THE STOLEN MOMENTS」とは
SAX奏者オリヴァー・ネルソン作の名曲タイトル。
この「盗まれた時間」というタイトルに込められた意は、番組放送時間内はせわしい日常から一時、解放され至福のひと時を過ごしてもらいたいという願いが込められている。

★番組コンセプト
日本国内探してみて、港、粋、夜景、インターナショナル、大人、洗練、そしてJAZZというキーワードがあてはまるのは、「横浜」だけ。そんな横浜のイメージを最大限生かし、「新しいJAZZの形」を提唱。「みなとみらい」から全リスナーに向け、FMヨコハマが元来持っている「かっこよさ」を前面に押し出す!

★「新しいJAZZ」の形とは
古き良き「JAZZ」に最大の敬意を払いながらも常に形を変え進化している現行のJAZZシーン。それはインプロヴィゼーションを備え持つ「JAZZ」という音楽が持つ最大の魅力の1つ。新世代におけるJAZZのカテゴリーはかつてのそれとは比較にならないほどクロスオーバー化しており、HIPHOP, House, Breakbeats, Techno, Soul, Funk, Fusion, Latin, Afro, Brazilなど、様々なジャンルから吸収するその音楽性は、JAZZの新たな道しるべを提示する物になっている。そんな「JAZZ」を根底に置きつつも、どこにも属さないまったく新しいタイプの音楽を全世代に向けて発信していく唯一の音楽番組を目指す。

◆ 番組内容
番組は、3部構成となる。
1部→JAZZY SORT メンバーによるノンストップMIX
2部→JAZZY SPORTセレクトによる、特集パート
<例>
※アーティスト特集(往年の名アーティストから、JAZZY SPORTメンバーまで)
※時事ネタに絡めたノンストップMIX
※音楽ジャンル別ノンストップMIX
※プロデューサー特集
※音楽レーベル別特集・ノンストップMIX
3部→JAZZY SPORT メンバーによるノンストップMIX

★ 選曲について
プロのDJやライター、クリエイターが一堂にそろっているJAZZY SPORTならではのこだわりの選曲で、「JAZZ」という切り口のもと良質な世界基準の楽曲を中心に構成する。番組の位置づけとしては、コアなリスナーから一般の音楽ファン層に至るまで、最新の情報や貴重な音をタダでチェックできる最高のツールとしての機能を持たせる。また、番組全般のBGMはリリース前のプロモ曲や最新曲にクラシックスを交えながらLIVE MIX。幅広い選曲と確かなMIXにより家に居ながらもクラブ(フロア)の熱気をそのまま感じ取れるような雰囲気を作り出す。「Fm yokohama」という箱(クラブ)で行われているレギュラーパーティーに参加しているような感覚に誘う。

★JAZZY SPORTとは
"女性に優しいハード・コア"をモットーに、様々な空間をスペシャルなものに変えてしまう素敵な集団「JAZZY SPORT」。DJ,MC,デザイナー,ライター,Dancer,等メンバーは様々なプロダクションをハイクオリティーかつ、スピーディーにこなせるポテンシャルをもつ。 JAZZを根底に、間が作る黒いグルーヴに敏感に反応。hiphop,house,downtempo,Brokenbeats,Jazz等を同じ文脈で解釈。
盛岡のMusic shop、東京のプロダクション&アトリエ、N.Y.Cを拠点におく。そして2003年10月に、宇田川町に「JAZZY SPORT music shop 渋谷店」をオープンさせる。最近では、英BBCにも取り上げられWORLDWIDEに活動中。

★オリンパスolioとのコラボレーション
2007年7月より、THE STOLEN MOMENTS=JAZZY SPORT CREWとオリンパスolioのコラボレーションがスタート。コラボレーションサイト(jazzyo.jp)の立上げなど、今後も幅広いコラボレーション企画を展開・予定している。


以上、概要説明に次いで、9月11日(火)放送の同録ダイジェストテープを聴いた後、審議に入りました。

各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
  • 雰囲気がおしゃれ。ジャズをベースにしており、横浜の夜に似合う番組だ。

  • Fヨコらしいかっこ良い番組で、いろいろな可能性を秘めている。

  • 新しいジャズというか、今のジャズが感じられる。出演者のキャラクターも、
    メッセージも、逆にしゃべりのプロっぽくないところが良い。

  • 出演者は「JAZZY SPORT CREW」というチーム的なもので、人を立てないとしているが、Fヨコの放送の場では、キャプテンというか、リーダーの顔が見えたり、ヒット曲などもうまく使うとリスナーも入りやすいのではないか。

  • 斬新な番組だが、リスナーからの反応はどうか。

  • スポンサーのolioとのコラボレーションなど、放送だけでない展開も期待できる。


    これに対し、下記の返答をしました。
  • 他の放送局などで活躍していない「これから」のアーティストを起用することで、斬新さを感じてもらうことができると思う。また、横浜の夜のテイストに合ったアーティスト集団だと感じてもらえるとうれしい。

  • 選曲に関しては、確かに、ヒット曲というよりは、通好みの選曲になっていると思うので、そのテイストは保ちつつ、ヒット曲も取り込み、より一層多くリスナーに聴いてもらえる番組にしていきたい。

  • olioとのコラボレーションについて、様々なハードルはあると思うが、番組以外の部分でも展開を図ることにより、番組の認知度を高めていきたい。そして、同時にスポンサーおよびJAZZY SPORT CREWの認知度も高めていきたい。

  • リスナーからの反応には、「こだわりの選曲や番組の流れがかっこ良い」といったもののほか、「家に閉じこもりがちだったが、番組を聴いて元気づけられ、外へ出るようになった」というメッセージも寄せられている。
15時55分に審議終了、散会しました。
審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日:なし

審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日

  • 各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表

  • 平成19年10月15日04:55から3分間、当社で放送予定

  • 平成19年10月15日、当社ホームページに掲載予定
    http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項:なし
以上