top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2006年7月

会社情報

番組審議会報告

2006年 7月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 2006年7月20日(木)15:00~15:55
出席者 番組審議委員 山口 宏委員長、中村由利子副委員長、木下大助委員、品田 英雄委員、宝田博士委員、船場ひさお委員
  FMヨコハマ

林 正光 専務取締役、水野隆司 常務取締役、
石原文男 編成制作部兼事業部長、
飯島和夫 広報部長、加藤直裕 編成制作部員

議題 番組「Y-Y-Y」 (金 25:00~27:00)について
議事の内容
審議に先立ち、前回(6月15日開催)の番組審議会より本日まで、訂正・取り消し放送がなかったことを報告しました。
次いで、議題の番組「Y-Y-Y 」について、放送同録テープを聴いた後、各委員から感想、意見等を聞きました。
審議の内容
まず、番組「Y-Y-Y」について、概要説明に入りました。
2006年4月スタート。横浜市教育委員、東北福祉大学の講師として教育に携わるほか、テレビ番組でコメンテーターとしても活躍中の通称“ヤンキー先生"こと義家弘介が パーソナリティーを務めるプログラム。週末の深夜、FMヨコハマのスタジオから、パーソナリティー義家弘介が、時代のオピニオンリーダーとして、世の中を正面から見つめ、意見していく。1週間のニュースから義家さんが感じたことをストレートに話す「Y-Y-Y THIS WEEK」、毎週テーマを決めてリスナーと意見を交換する「Y-Y-Y VOICE」、世の中に言いたいことをリスナーが叫ぶ「Y-Y-Y  CRY」などのコーナーを設置。深夜番組の王道ともいえる、リスナーとのコミュニケーションも大事にしていく。「Y-Y-Y WELCOME」では夢をつかもうと必死に活動しているインディーズアーティスト、メジャーデビューしたばかりのアーティストがゲストに登場!義家さんの名刺に印刷されている言葉「夢は逃げていかない」をキーワードに夢を追いかける大切さを訴えながらトークを展開していく。選曲はチャート番組の上位にランクインされている楽曲を中心にセレクトしている、等々を説明しました。

以上、概要説明に次いで、7月7日(金)放送の同録ダイジェストテープを聴いた後、審議に入りました。

先ず、各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
  • この時間帯にしては、全体のテーストが重いように感じる。もう少し、気軽に聴くことができるところがあってもよいのでは。

  • 今の時代、押し付けがましく感じられる面もあるかもしれないが、ヤンキー先生は自分の経験を自分の言葉で、語ることができる貴重なキャラクターの持ち主だ。

  • 番組構成で、“笑い"を入れても良いのでは。今、ヤンキーはヒットのキーワードになっている。「こうすると、もっとヤンキーっぽくなる」とか、「ヤンキーの境目は」といったコーナーなどもおもしろいと思う。

  • 高校生の“たまっているもの"を大人に届ける、あるいは、“翻訳"の代わりをするなど、ターゲット、狙いがもっと見えた方が良いかもしれない。

  • 1週間の主なニュースについて、コメントするコーナーがあるが、世界の教育、若い人にからむ教育的なものをまとめた方が、出演者のカラーが出るのではないか。

  • 何度聴いても良い話があったりするので、コメント集を本にするとか、教育対談集を出したりしてはどうか。教育のフォーラムやセミナーを開くなど、事業的な展開も可能では。

  • 中学生、高校生らが相談を寄せ、それを30代、40代の“おじさん、おばさん"が一緒に考えるなど世代を超えたリスナーが集う時間帯になると良い。

  • 台本、構成はどうしているのか。

  • リスナーとの間に、ハプニング的なことはないのか。

これに対し、下記の返答をしました。

  • 雰囲気が“重い"とのことだが、女性のゲストコーナーがあったり、本音で語るコーナーもあるなど、全体的にはメリハリをつけている。

  • 構成作家がおり、ニュースやリスナーとのコミュニケーションのコーナー以外の台本はある。

  • 義家さんは、これまで高校生を教えるということで、生徒に向き合ってきたが、今後は、教育の森の中にいて、教える人を育てていきたいという思いがある。この番組を通じても、大人を教育したいという思いがあるようだ。

  • リスナーとの間に、ハプニング的なことはない。ただ、義家先生と話したいというリスナーは多く、毎週、自分の意見や考えを書いたメールが届く。
審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日:なし

審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日

  • 各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表

  • 平成18年8月21日04:55から3分間、当社で放送予定

  • 平成18年8月21日、当社ホームページに掲載予定
    http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項:なし
以上