top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2005年11月

会社情報

番組審議会報告

2005年 11月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 2005年11月17日(木)15:03~15:50
出席者 番組審議委員 山口 宏委員長、中村由利子副委員長、
品田英雄委員、宝田博士委員、船場ひさお委員
  FMヨコハマ

鈴木 博 副社長、林 正光 専務取締役、
水野隆司 常務取締役、笠井哲哉 常務取締役、
飯島和夫 執行役員広報部長、
石原文男 放送本部編成制作部兼事業部長、
三角文英 放送本部編成制作部次長

議題 《1》『当社の組織変更と人事異動』について
《2》『番組「YOKOHAMA ROUND」(日・08:30~09:00)』について
議事の内容
審議に先立ち、『当社の組織変更と人事異動』について説明しました。そして、前回(10月20日開催)の番組審議会より本日まで、訂正・取り消し放送がなかったこと、また、放送内容に対する苦情・意見もなかったことを報告しました。
次いで、議題《2》の『番組「YOKOHAMA ROUND」』について、放送同録テープを試聴後、各委員から感想、意見等を聞きました。
審議の内容
先ず、『当社の組織変更と人事異動』について説明、新しく審議会の事務局を担当する広報部長・飯島和夫、編成制作部長・石原文男の紹介を行ないました。
次いで、第2号議題の『番組「YOKOHAMA ROUND」』について、概要説明に入りました。
当番組は、横浜市提供の広報番組で、MCは高橋美咲が担当。同市の各種イベント、サービス情報、各区の案内など毎回テーマを設定し、放送していること。現地取材、電話による取材、関係者のゲスト出演のほか、中田市長への質問コーナーもあること。曲目は、放送時間が日曜日の朝ということもあり、新譜、旧譜を問わず、聴きやすい楽曲を選んでいること。内容はあまり固くならず、地域密着で、リスナーにとって「ためになる情報」「楽しい情報」をポイントに、横浜の魅力を掘り下げていく構成になっていること。これまで、テーマとして「野毛大道芸」「みなと祭り」「横浜開港祭」などを取り上げてきたこと等々を説明しました。

以上、概要説明に次いで、11月13日(日)放送「テーマ・豊かな海づくり大会&トリエンナーレ番外編」の同録ダイジェストテープを試聴後、討議に入りました。

先ず、各委員より、次の感想、意見等をもらいました。
  • 広報番組としては、とても聴きやすく、心地よく聴かせてもらった。

  • 広報番組のつらいところかもしれないが、「豊かな海づくり大会」といわれても自分の生活とどういう関係があるのかピンとこない。「トリエンナーレ」にしてもリスナーの気持ちに踏み込んでいくということでもしないと心に残らない。

  • テーマはあれこれ取り上げるのではなく、絞り込むと、もう少し分かりやすく、深く掘り下げることができるのではないか。

  • 役所というと、固いイメージがあるが、横浜市は市長も若いし、職員も新しいことをやりたがっている。先入観を払拭して、いろいろなことを積極的にトライしても良いのでは。

  • 横浜というと、ミナトや市内中心部が取り上げられがち。相鉄線沿線、横浜線沿線など自然が豊かで、楽しい"音環境"があるエリアも多い。そうした地域に住むリスナーが喜ぶような内容のものも取り上げてほしい。

  • 市内18区の特色をピックアップしているとのことだが、どのような周期で取り上げているのか。

  • 「トリエンナーレ」は、世界的に見ても注目されるイベントだ。世界のアーチストが出展しているだけに、もっと明るくほめてもよいのでは。行政広報ということで、平等な扱いをしなければならないかもしれないが、もっと強弱をつけてもよいと思う。
審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日:なし

審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日

  • 各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表

  • 平成17年12月12日04:55から3分間、当社で放送予定

  • 平成17年12月12日、当社ホームページに掲載予定
    http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項:なし
以上