top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2005年3月

会社情報

番組審議会報告

2005年 3月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 2005年3月17日(木)15:00~16:05
出席者 番組審議委員
(敬称賂)
木下大助委員長、村山禮子委員、鈴木淳也委員、
呂行雄委員
  FMヨコハマ

藤木幸夫社長、鈴木博専務取締役、
水野隆司常務取締役、林 正光常務取締役、
兒玉智彦編成制作部長、横井伸二編成制作部特別職

議題 (1) 番組『ASIAN GROOVE』〔金・25:00~26:00〕について
(2) 4月番組改編について
議事の内容

審議に先立ち、前回(2月17日開催)の番組審議会より本日まで、訂正・取り消し放送がなかったこと、また、放送内容に対する苦情・意見もなかったことを報告しました。
次いで、番組『ASIAN GROOVE』について、放送同録テープを試聴後、各委員から感想、意見等を聞きました。

審議の内容

先ず、第1号議題の番組『ASIAN GROOVE』について、概要説明に入りました。
当番組は、正統派の音楽番組である『DANCING GROOVE!~HOT JAM~』〔月~木・23:00~25:00〕から生まれたアジアの音楽シーンに特化した番組で、日韓交流40周年や韓流ブームもあり、アジアの音楽シーンのハブである日本・横浜から発信している。
DJの今泉圭姫子は「スヌーピー」の愛称で知られる豊富なキャリアを誇る音楽評論家である。
そして、彼女は、アイドル的要素を残しつつも高い音楽性を持つアーティストたちを、デビュー当時から徹底的に応援していくスタイルで、リスナーからの信用を得ている№1DJである。
最近では、アジアンミュージックにも造詣が深く、特にエンターテインメント系や、また、俳優系にも韓流として押さえるべきアーティストに通じている。
また、香港、マレーシアなどアジア各地で生まれた音楽も紹介している。
一方、アーティストとリスナーをつなぐファンミーティングやビデオセッションなどのイベントも積極的に行なうなどで、海外アーティストやプロモーターの信頼も厚く、彼女ならではの愛が溢れる音楽空間を創り上げている。等々説明しました。

  • 以上、概要説明に次いで、3月11日放送の同録ダイジェストテープを試聴後、討議に入りました。先ず、各委員より、次の感想、意見等をもらいました。

  • DJの今泉圭姫子のキャリアからくる落ち着いた雰囲気のトークは、番組の内容からみても非常にマッチしており、聴きやすい。

  • 新しい音楽の流れをその昔は米軍の「FEN」を英語がわからずとも聴いていたときと同じように、昨今の韓国ブームを入口とした人たちに対しても自然に聴けているのではないか。

  • 韓国のメロディーは独特で、どこか聴いたようなメロディーが多い気がするが、その親しみやすさが、番組づくりに活かされている。

  • 時代に乗った韓流ブームを音楽という視点だけでなく、文化の面からも紹介しているが、今後は一層文化交流という形で国と国との相互理解を深めていくような番組にして欲しい。

  • 在日韓国人を中心に聴かれているような感じもするので、そういったリスナーの声を反映させ、韓国と日本の掛け橋にもなるような番組を目指して欲しい。

等々の感想、意見が出されました。


続いて、第2号議題の「4月番組改編について」、概要説明に入りました。
今回の番組改編のポイントを次のとおり説明し、主だった個々の番組について、その概要を説明しました。

審議機関の答申または改善意見に対してとった措置及びその年月日:なし
審議機関の答申または意見の概要を公表した場合におけるその公表の内容、方法、及びその年月日
  • 各委員の意見及び回答を概容でまとめ公表

  • 平成17年4月18日04:55から3分間、当社で放送予定

  • 平成17年4月12日、当社ホームページに掲載予定
    (http://www.fmyokohama.co.jp
その他の参考事項:なし
以上