top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2001年7月

会社情報

番組審議会報告

2001年7月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 2001年7月19日(木)15:00~16:00
出席者 番組審議委員
(敬称賂)
村山委員、木下委員、呂委員、近澤委員、中村委員
FMヨコハマ 京谷泰弘 取締役副社長、鈴木 博 専務取締役、
藤原正明 常務取締役、 水野隆司 常務取締役
林正光 常務取締役、 兒玉智彦 編成制作部部長、
山ノ井友司 総務部特別職、石原文男編成部員
議題 番組「MYERS'S REGGAE FLAVA」について
審議の概要
 会議では、資料に基づき、番組「MYERS'S REGGAE FLAVA」の概要説明に入り
ました。
本番組は、編成して既に約6年を経過しており、選曲コンセプトは「リゾート」、番組コンセプトは「REGGAE for LOVERS~アクティヴな恋人達へ~」で、サンセットに向けて、OLに人気のある「ラヴァーズ・レゲエ」を中心に、感性豊かな幅広い層に支持されている「レゲエ・ヒッツ」をブレンドして送る、リゾート気分たっぷりの土曜日の人気プログラムであること等々を説明しました。
次いで、7月14日放送の同録ダイジェストテープを試聴後、番組の特徴説明に入りました。特徴としては、選曲コンセプトが「リゾート」のため、DJは余計なお喋りはせず、リスナーが南国のビーチでのんびり横たわりながら聴いているイメージを描きながらナビゲートし、情報については、一般の人々にとって身近なレゲエカルチャーをピックアップして、さりげなくインサートしていること、65%をラバーズ・レゲエ、35%をレゲエ・ヒットチューンで構成しているが、近年はフロア・レゲエ等クラブシーンに近い音源もミックスさせていること等々を説明しました。
さらに、番組だけでなく、リスナーが直接参加できるレゲエ・イベントを毎年夏に1回開催、リスナーを招待して、直接レゲエの魅力に触れてもらっており、好評を博していること、そして、今年は、FMヨコハマのサマービーチハウス「ロコ・ステーション」で、夏のレゲエ・イベントを実施する予定であることを付け加えました。これに対し、委員より、次の意見、感想をいただきました。――――

  • ラジカセ(CDプレーヤー)を持って、海辺で日光浴をしながら、レゲエを聴くのはとても気持ちがよさそうだ。そのような時に、この番組が流れてきたら最高だと思う。
  • 南国の雰囲気で楽しめるFMヨコハマらしい非常にいい番組だ。リスナーの支持があるからこそ、6年近くも続いているのだろう。是非、長寿番組になって欲しい。
  • レゲエがOLに人気があるというのは意外だ。日本ではいつ頃から人気が出始めたのだろうか。横浜はレゲエも似合う街だから、もっともっとFMヨコハマからレゲエの音楽情報を発信して、ヨコハマ発のレゲエ・ムーブメントを巻き起こすのも面白いと思う。
  • DJのケイ・グラントは、低音で魅力的な声の持ち主だ。男の色気をボイスにのせて、さらに番組をもりあげることができるキャラクターだと思う。
  • イベント展開まであるのがとてもいい。夏だけではもったいない。寒い時にホットな音楽を聴くのもまた楽しいし、四季を通じてイベント展開すればリスナーも喜んでくれるのではないだろうか。
以上