top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2001年3月

会社情報

番組審議会報告

2001年3月開催 番組審議会報告
FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 2001年3月15日(木)15:00~16:00
出席者 番組審議委員
(敬称賂)
村山委員、木下委員、呂委員、野並委員、牛頭委員、
鈴木委員、中村委員
FMヨコハマ 藤木幸夫代表取締役社長、京谷泰弘専務取締役、
鈴木博常務取締役、 藤原正明常務取締役、
水野隆司常務取締役、林正光取締役、 兒玉智彦編成部部長、
山ノ井友司広報部特別職 、青柳陽一編成部員、
議題 <1>番組「DRIVERS' MORNING Q」について
<2>4月番組改編について
審議の概要
会議では先ず、番組「ドライバーズ モーニングQ」の概要、説明に入りました。
番組は、FMヨコハマの朝の生ワイド「THE MORNING」(月~金・5:55~9:00)内のコーナーで、出演者は、月~木が矢口清治、金が仁井聡子であり、朝のドライバーゾーンに、簡単な交通法規をクイズ形式にして一問ずつ出題、ドライバーが日頃忘れがちな交通法規を、ラジオを通じて再確認することで交通安全につなげようという意図のもと企画されたミニコーナー番組であることを述べ、シンプルな構成ながら、リスナーに届きやすいコンパクトな長さで、1996年10月から、財団法人 神奈川県自動車整備振興会の提供枠として定着している番組であること等々を説明しました。
  次いで、3月15日放送の同録テープを試聴しました。 続いて、2001(平成13)年4月番組改編[4/1(日)スタート]の概要説明に入りました。
  新しい編成方針は、従来の年齢別に区切る編成方針から、番組、時間帯に存在する集合体、群れ(グループ、クラスター)を対象にした『クラスター編成』の考え方を導入し、制作面では、『モア・ミュージック、クオリティ・トーク』をスローガンに、CHR(コンテンポラリー・ヒット・レディオ)の選曲と味のあるDJを起用すること等を説明しました。
  今回の改編の3つのポイント、(1)新鮮で知的センスのあるDJの起用、(2)リスナーやスポンサーのニーズを的確に把握、(3)番組コンセプトの見直しと確立を再確認する。そして、主な改編新番組【「MORNINNG STEPS」月~木/6:00- 9:00 DJ/栗原治久、 「DAYLIGHT SPLASH」月~金/13:00-16:00 DJ/池田なみ子、 「POP NATION」月~金/18:00-19:00 DJ/藤田琢己、
「AIR CRUISE」土/13:00-16:30 DJ/宮沢光邦、 「COAST DRIVIN'S」日/13:00-16:00 DJ/山川牧】の概要、DJプロフィール等を説明しました。これに対し、―――― 
  • 軽やかで朝に良く合い聴きやすい。ドライブ中でもスーっと入ってくる感じがする。いい番組だ。
  • 質問と答えの間が短すぎてあっさりしすぎだ。考えているうちに答えが出てしまった。もう少し考える時間があってもいいのではないか。問題も1回だけではなく2回くらい言って欲しかった。
  • 交通法規は、運転免許を持っている人以外も知っておくべきだ。歩行者に関係する法規問題も出題したらいい。
  • 基本的な交通マナーを、何度も繰り返し言って啓蒙していくことは、公共放送として必要なこと、このコーナー以外でもオンエアしていくべきだ。
  • 交通法規、マナーを知らないから事故が起きる。車社会のルールを改めて勉強するのにいい機会を与えてくれる番組だ。
  • 4月番組改編だが、編成方針の変更という冒険は素晴らしいと思う。
  • 思い切った方針変更で、是非頑張って成功させて欲しい。新しいDJ達のオンエアでのトークがとっても楽しみだ。
  • マンネリの打破が、常に番組改編のテーマだと思う。結果を期待したい。
等々の意見、感想をいただきました。 以上