top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2000年7月

会社情報

番組審議会報告

2000年 7月開催 番組審議会報告

FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 2000年7月27日(木)13時30分~15時10分
出席者 番組審議委員
(敬称賂)
村山委員、呂委員、山口委員、中村委員
FMヨコハマ 京谷泰弘専務取締役、鈴木博常務取締役、
藤原正明常務取締役、大野取締役管理統括室長、
青柳陽一編成部員
議題 サマーキャンペーン・ロコ・ステーション及びビーチキャンペーン「WE LOVE SHONAN」について
審議の概要
 藤沢市江の島片瀬西浜海岸の当社ロコ・ステーション前に13時30分に集合し、し、ビーチキャンペーン・イベントとして実施しているコーミングやフラダンス教室、また、ロコ・ステーションからのサマーキャンペーンレポートの生放送、及びロコ・ステーションの活用状況などを見学しました。次いで、会場を近隣の江ノ電駐車センター2Fに移し会議を行いました。
  会議では、サマーキャンペーン期間中の特別番組、イベント等の概要、及びビーチキャンペーンイベントの目的、これまでの経過等を説明しました。
  これに対しこのような開放的な場所で放送することはリスナーとの距離が近くなり、イベント、ゲームなども同時開催でき、リスナーに直接FMヨコハマに触れ親しみを感じてもらえる利点を強く感じた。湘南は神奈川県外からの来場者が多いので、その成果は大きいものと考える。炎天下で1ヶ月近い展開は大変な労力であるが、長年続けることでリスナー・地域から信頼されていくのではないか。
  文明発祥の地「ヨコハマ」は東京に勝るパワーを持っている。それを発揮するためには仕掛けが必要であるが、メディアであるFMヨコハマに大いに期待する。
  開局15周年で始めた「ビーチ・キャンペーン」は、今後も是非継続して欲しい。等々の感想、意見をいただきました。以上