top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  2000年3月

会社情報

番組審議会報告

2000年 3月開催 番組審議会報告

FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 2000年3月16日(木)15時00分~15時45分
出席者 番組審議委員
(敬称賂)
村山委員、木下委員、呂委員、野並委員、山口委員、
鈴木委員
FMヨコハマ 藤木幸夫代表取締役社長、駒澤由次郎専務取締役、
京谷泰弘専務取締役、鈴木博常務取締役、
藤原正明常務取締役、大野取締役管理統括室長、
水野隆司取締役メディア推進室長、
光原映治編成部専任部長
議題 「15周年キャンペーン」について
審議の概要
 会議では、先ず、FMヨコハマは本年12月20日で本放送開始15周年を迎えますので、これを記念して様々なイベント等を計画していることを説明いたしました。
  このキャンペーン期間は4月から12月までで、主な内容は、これまでFMヨコハマを支えてくれた、リスナー、地域、関係業界の方々に感謝を表明してまいります。リスナーにはコンサートを主体にした音楽イベントを実施し、音楽放送局としての音楽面での姿勢をアピールする。地域社会への還元では、ビーチキャンペーン・イベントを毎月実施(ビーチでの楽しみの創造と清掃活動をドッキングさせる)し、合わせてリスナーとのコミュニケーションを充実させるとなっています。
  これに対し委員の皆さんからは、リスナー・地域への事業内容は評価できるものであり、番組を含めて相乗的効果を上げるよう内容を詰めていただきたい。このようなキャンペーンを通じて特に若い人達をリスナーとして開拓できる番組も考えてもらいたい。開局時も精神、初心を忘れずに放送を続けていただきたい。常に時代の先陣を切る局を目指して欲しい。等々の意見、感想をいただきました。以上