top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  1999年10月

会社情報

番組審議会報告

1999年10月開催 番組審議会報告

FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 1999年10月21日(木)15時00分~16時10分
出席者 番組審議委員
(敬称賂)
村山委員、呂委員、木下委員、山口委員、野並委員
近沢委員
FMヨコハマ 駒澤由次郎専務取締役、京谷泰弘専務取締役、
鈴木博常務取締役、藤原正明常務取締役、
大野取締役管理統括室長、
水野取締役メディア推進室長
光原編成担当部長、青柳編成部員
議題 1.番組「AFTER THE SUNSET」について
2.報告事項「コンピュータ2000年問題への対応」
審議の概要
 毎週日曜日21:00~21:30に放送している番組「AFTER THE SUNSET」について、意見・感想をいただきました。会議では、先ず番組内容について、自然、環境をテーマとしたリラクゼーションプログラムであること。出演者にはアウトドアの専門家で、夕陽評論家の油井昌由樹氏と韓国のトップ・アイドルスターのスージー・カンさんを起用し、二人の会話で難しくなりがちな自然環境問題等を魅力ある話題として取り上げていること。音楽もテーマに合致するしっかりした物を厳選していること等を説明しました。続いて番組のダイジェスト・テープを試聴し、その後ご意見をいただきました。 審議委員からは、テーマ性の高い番組であり、話題の切り口もユニークである。絵や写真がないと分かりにくい自然、環境なども、音声だけで手に取るように印象付けられる。油井氏の声も魅力あるが、話し方も落ち着いた雰囲気と説得力を持っている。すぐお隣の「韓国」のスージー・カンさんを起用したのも国際化の進むなかで大いに評価できる、もっと彼女が前に出るシーンを作っても良いのではないか。等々のご意見をいただきました。 次に報告事項「コンピュータ2000年問題への対応」については、すでに放送実施関係システムは、ソフトの改良も終え、その実証テストも無事終了していること。その他のコンピュータ機器についても実証テストをすでに終えたこと。万一の事態に備え、危機管理計画も策定済みであること等を報告いたしました。以上