top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  1999年3月

会社情報

番組審議会報告

1999年3月開催 番組審議会報告

FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 1999年3月18日(木)15時00分~16時00分
出席者 番組審議委員
(敬称賂)
呂委員、牛頭委員、野並委員、木下委員、
中村委員、近澤委員
FMヨコハマ 駒澤由次郎専務取締役、京谷泰弘専務取締役、
藤原正明常務取締役、大野取締役管理統轄室長、
光原編成担当部長、水野常勤顧問
議題 1.「4月番組改編」について
2.その他
審議の概要
  本年4月の番組改編について、改編にあたっての基本的な方針は、最近の5年間のヒット曲を中心とする新しい選曲方針(リカレント・ヒッツ)を採用し、音楽放送局としての魅力をパワーアップを目指す。リスナーとの双方向(インタラクティブ)性を最新の電話装置導入等ハード面を充実させ、拡大する。地域密着を強化することである。そして、大きく改編するのは、平日の午後枠、土曜日の朝、午前、夜枠、日曜日の午後のずれも生ワイド枠であり、週末の改編にウエイトを置いていることを説明しました。 これに対して審議委員からは、選曲方針については大いに賛同を得ました。また、神奈川・横浜発の音楽文化を創造する力を発揮して欲しい。地域情報を発信するだけではなく、地元の人間だけが持つ色合・感性を番組全体の中に、自然ににじませて欲しい。横浜、神奈川が元気に盛り上がれる企画等も実現して欲しい等々意見をいただきました。以上