top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  1998年10月

会社情報

番組審議会報告

1998年10月開催 番組審議会報告

FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 1998年10月15日(木)15時00分~16時00分
出席者 番組審議委員
(敬称賂)
村山委員、呂委員、木下委員、
牛頭委員、山口委員
FMヨコハマ 駒澤由次郎専務取締役、京谷泰弘専務取締役、
藤原正明常務取締役、水野隆司常勤顧問、
大野取締役管理統括室長、光原編成担当部長 
議題 「10月新番組 ARTIST DJ SESSION」について
審議の概要

10月にスタートした新番組「ARTIST DJ SESSION」は、月曜日~金曜日の23:30~24:00までの30分番組であり、曜日別に出演者、内容、個別のタイトルが次のとおりになっており、まずそれぞれ概容を説明しました。

曜日 番組名 出演者
月曜日 「MIGHTY,MIGHTY」 田島貴男(オリジナル・ラブ)
火曜日 「Close To Me」 木滝麻由美 桜井鉄太郎
水曜日 「DREAM MISSION」 木村由紀
木曜日 「Anybody home」 Rubii
金曜日 「FLY‐FLY-FRI」 国分太一(TOKIO)

ついで、これまでに放送したものの中から、火曜日分と金曜日分のダイジェストテープを試聴しました。
委員の方々から感想、意見をまとめますと、新しいアーティストを発掘し、応援して行こうという局の姿勢は大いに評価できる。アーティスト番組は時として、そのアーティストのファンだけに支えられる番組となる危険性を持つので、普遍的に支持される番組となるようにしていただきたい。リスナーと同じ世代、感覚の出演者は、リスナーに仲間意識を感じさせ、ラジオをより身近な存在としていくことができるが、言葉遣いには気をつけていただきたい。等々でした。以上