top  >  会社情報  >  番組審議会報告  >  1998年4月

会社情報

番組審議会報告

1998年4月開催 番組審議会報告

FMヨコハマでは下記のとおり、番組審護会を開催いたしました。


開催年月日 1998年4月16日(木)15:00 ~ 16:20
出席者 番組審議委員
(敬称賂)
村山禮子、木下大助、呂 行雄、近澤弘明、
山口 宏、中村由利子、
FMヨコハマ 藤木幸夫代表取締役社長、駒澤由次郎専務取締役、
京谷泰弘専務取締役、鈴木 博常務取締役、
藤原正明常務取締役、
大野義和取締役管理統括室長、
光原映治編成部専任部長
議題 「新年度の委員長、副委員長について」
「モニター会議でのご意見について」
審議の概要 〇本年度のFM横浜番組審議会の委員長を村山禮子氏、副委員長を木下大助氏とすることが、協議により決まりました。

〇開局以来、公募選考により1年任期でお願いしているモニター(40名) の会議を2月28日に開催しましたが、そのご意見が集約できましたので、番組審議会に報告し、委員の皆さんからご意見をいただきました。

  委員の皆さんからは、モニターの方に限らず、普段から積極的に若い人達の番組に対する意見や感想を集めるようにしてもらいたい。地域密着路線で在京リスナーの方が若干疎外感を感じることもあるようだが、「横浜に遊びに行きたい」と強く感じさせるような演出をしてもらいたい。生放送の人気が高いが、将来はもっと生放送の時間帯を増やすことも検討してもらいたい。

等々のご意見をいただきました。
以上